不用品パンダ
掃除機の処分は粗大ごみ?不燃ごみ?捨て方3選を比較

お部屋のお掃除に欠かせない掃除機ですが、スイッチが全く入らなかったり電源が切れやすくなったり、壊れてしまったときの処分方法がわからない方も多いかと思います。

 

そこで本記事では、掃除機の3つの処分方法と、あなたに合った処分方法を見つけるため、それぞれのメリットを比較して解説していきたいと思います。

 

これを読めば、掃除機のベストな処分方法が見つかるはずですよ♪

掃除機の処分方法3選

本記事で紹介する掃除機の処分方法は3つです。

 

  • 自治体指定の方法で処分
  • リサイクルショップに買取を依頼
  • 不用品回収業者に買取を依頼

 

これらの方法以外にも、フリマアプリに掃除機を出品するなどの方法も考えられますが、美品であったり高価な掃除機ではないと買い手がつかないため現実的な方法とは言えないです。

 

梱包などの手間も必要ですし、出品に慣れていない方は控えた方が良いでしょう。

 

しかし、もしフリマアプリの出品に慣れているかつ、お手持ちの掃除機が美品であったり買い手がつきそうなものであれば、出品する価値もあるかもしれません。

 

フリマアプリなどを利用したことがない方のために、本記事では上記3つの方法について詳しく解説していきますね。

自治体指定の方法で処分

掃除機は、「小型家電リサイクル法」といった法律の対象品目で、各自治体ごとに処分方法が定められています。

 

いくつかの方法がありますが、主に以下3つのいずれかを処分方法として実施する自治体が多いようです。

 

  • 粗大ごみとして処分
  • 回収ボックスにて回収後に処分
  • 専用窓口で回収後に処分

 

粗大ごみとして処分する方法を取る自治体であれば、まず電話やWebで粗大ごみの回収を申し込みます。その後粗大ごみ専用の処理券(シール)を販売店で購入し、捨てる掃除機に貼り付けます。この処理券はコンビニエンスストアなどで販売していることが多いです。最後に、収集日までに自宅の玄関先や敷地内の指定の場所に、掃除機を配置して回収されるといった流れになります。

 

回収ボックスや窓口での回収を実施している自治体であれば、ご自身で回収ボックスや窓口まで掃除機を持ち込み回収してもらう流れになります。

 

小型の掃除機であればよいのですが、大きいものだと少々大変ですね。車を出す必要が出てくるかもしれません。

 

また、地域のどこにでも回収ボックスや窓口があるわけではなく、設置場所は限られているので、自宅から遠い場所にしかない可能性もあるので注意が必要です。

リサイクルショップに買取を依頼

掃除機のような家電は、買取価格がつくことも多く、処分する費用がかからないのはもちろん、不用な掃除機をお金に変えられるといったメリットがあります。

 

ただし、壊れている掃除機にはもちろん買取価格はつきません。完全に動かないものだと受取を拒否される可能性もあります。

 

また、出張買取を行っていない業者の場合は、自分でリサイクルショップまで掃除機を運搬する必要があるので、こちらも注意しましょう。

不用品回収業者に回収を依頼

リサイクルショップに買取してもらう方法によく似ていますが、不用品回収業者は壊れている掃除機でも回収を行ってくれます。

 

また、出張での回収を承っている業者がほとんどなので、受取を拒否される心配がなく、安心して掃除機を手放すことが可能です。手間がかからない方法として、不用品回収業者への依頼を行う方も多いようですね。

どの方法がベストなのか比較

ここまで、自治体指定の方法での処分・リサイクルショップへの依頼・不用品回収業者への依頼と、掃除機の3つの処分方法を解説いたしました。

 

ここからは、あなたの目的に合わせ、どの処分方法を選ぶのがベストなのか、費用面と手間のかかり方の二つの側面で比較いたします。

費用の面で比較

まずは、費用の面で3つの方法を比較してみましょう。

自治体指定の方法に関してですが、粗大ごみ・窓口回収に関しては料金が発生するケースが多いです。掃除機の場合は、500円程度に指定している自治体が多いですが、自治体ごとに異なるので確認しましょう。

 

また、自治体に設置された回収ボックスでの回収の場合は、無料のケースが多いです。

 

リサイクルショップでの買取の場合は、先ほど申し上げた通り料金は発生しません。買取価格が付けば逆にお金になりますが、価格が付かなかった場合は回収自体してもらえない可能性があるので注意しましょう。

 

最後に、不用品回収業者に依頼する場合です。こちらは回収もしくは買取という形になるので、お金がもらえるケースもあれば逆に支払いを行うケースもございます。回収の場合の費用は業者ごとに異なりますが、見積もりを出すのは無料で行ってくれる業者が多いです。

 

弊社の「不用品回収ルート」でも、お見積りは無料で受け付けております。WebやLINE、電話でお申込みできますので、お気軽にご相談ください。

手間のかかり方で比較

粗大ごみ回収は粗大ごみ処理券を購入する手間がかかりますし、申し込み後すぐに回収してくれるわけではありません。窓口回収や回収ボックスへの回収は掃除機を運搬する手間がかかります。

 

リサイクルショップでの買取の場合も、同様に運搬する手間がかかります。ただし、出張買取を行う業者の場合は運搬の必要はございません。

 

不用品回収業者に依頼する場合は、出張回収を行ってくれる場合がほとんどで、運搬も業者に完全に任せられます。申し込みも簡単ですし、すぐに回収に来てくれる業者もいるので手間は最もかからない方法でしょう。

 

弊社の「不用品回収ルート」では、最短即日回収が可能です。すぐに掃除機を手放したい場合は、是非不用品回収ルートのご利用を検討してみてください。

まとめ

様々な掃除機の処分方法をご紹介・比較いたしました。どの方法にもメリット・デメリットがあるのがおわかりいただけたかと思います。

 

ご自身の目的に合わせた方法で、掃除機を手放すことをおすすめいたします。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top