不用品パンダ
ウォシュレットを最短処分!故障のサイン・意外なおすすめ業者も紹介

「自宅のウォシュレットが壊れてしまった」「ウォシュレットの調子が悪いけれど、処分方法がわからない」この記事を読んでいる方の中には、こんな悩みをお抱えの方もいらっしゃるかと思います。

 

本記事では、ウォシュレットの故障のサインや寿命について、また効率のいい処分方法をいくつかご紹介いたします。

 

すぐに思いつく方法として、メーカーに頼んで取り外してもらう方法などが挙げられますが、実はそれ以外の方法も。

 

状況によってはメーカーに頼むよりお得にウォシュレットを処分できるかもしれないですよ♪

ウォシュレットの故障のサイン・寿命

まずウォシュレットの寿命についてです。結論から申し上げますと、平均的なウォシュレットの寿命は5~10年です。ただし、使用頻度や使用者の体重などによってウォシュレットの寿命は大きく変わるので、5年に満たない場合でも故障してしまう場合があります。

 

また、メーカーに対して修理の依頼ができるのはお使いのウォシュレットが発売から約5年までと考えてよいでしょう。発売から約5年を過ぎると、メーカー側がそのウォシュレットの部品を保管していないためです。

 

続いて、ウォシュレットの故障のサインについて解説いたします。以下のような状態のウォシュレットは使い続けない方がよいでしょう。

便座が割れている

ウォシュレットというのは、水が出る部分だけでなく便座部分も含めたトイレ一式のことを言います。

 

便座本体が割れてしまった場合は、使い続けるのは危険です。また、この場合は修理もできないことが多いため処分を検討するのがベターでしょう。

ノズルが動かない

ウォシュレットのノズル部分が伸び縮みしないなどの場合は、尿石などの汚れによって故障している可能性があります。

 

動作がおかしい場合は使用に支障をきたすので、こういった場合も修理か処分を検討した方がよいでしょう。

水漏れが発生している

ウォシュレットの故障でよくあるのが、ノズルからの水漏れです。これはウォシュレットの部品の劣化が主な原因で、ノズルや内部のバルブユニットが水垢などで劣化して起こります。

 

この場合も修理や処分の検討をおすすめします。

水が出ていない

ボタンを押したのにウォシュレットのノズル部分から水が出ない場合もあります。この場合は、ノズル部分がかなり汚れている可能性があります。

 

ノズルの汚れを掃除しても水が出なければ、故障している可能性大です。修理または処分を検討しましょう。

ボタンが反応しない

ウォシュレットの電源自体は入っているのに、操作ボタンが一切きかない場合も故障の可能性が高いです。よくある原因が基盤のハンダ割れなどです。

 

ただし、コンセントを刺しなおすなどの対処で治ることもあるので、できることは試してみましょう。それでも治らない場合は、修理や処分を検討しましょう。

ウォシュレットを処分する方法

ここまでは、ウォシュレットの故障のサインや寿命についてご紹介いたしました。気になるのは、実際にウォシュレットを処分したいと考えたときにどのような方法が挙げられるかという点でしょう。

 

本記事では以下の4つの方法をご紹介いたします。

 

  • ごみ処理場に直接持ち込む
  • 粗大ごみとして処分する
  • メーカーの下取りサービスを利用する
  • 不用品回収業者を利用する

 

どの方法にも利点や欠点があります。ご自身にあった処分方法が見つかれば幸いです。一つひとつ細かく解説いたします。

ごみ処理場に直接持ち込む

まず一つ目の方法は、近隣のごみ処理場に直接ウォシュレットを持ち込む方法です。この方法は、これから紹介する方法の中では最も処分手数料を抑えられる可能性が高いです。お金を1円でも安く抑えたいのであればおすすめの方法ですね。

 

ただし、ウォシュレットを自分で取り外す作業が必要です。汚れているウォシュレットを取り外すのに抵抗がある場合は厳しい方法かもしれません。また、運搬には車が必要になるケースも多いので、においのするウォシュレットを車に積むことに抵抗がある方や、そもそも車の運転ができない場合などは困難な方法でしょう。

 

なるべく費用を抑えつつ取り外し作業を自分で行いたくない場合は、不用品回収業者やメーカーなどに任せる方法もあります。こちらは後ほど解説いたします。

粗大ごみとして処分する

続いての方法は、粗大ごみとして処分する方法です。多くの自治体では、ウォシュレットを粗大ごみとして回収しています。

 

ただし、お住まいの自治体によっては回収を行っていない、また反対に燃えないごみとして簡単に捨てられる場合もあるので自治体に問い合わせるのが良いでしょう。

 

粗大ごみとして捨てる場合の手順は以下の通りです。

 

  • 自治体の粗大ごみ回収を行うセンターへ問い合わせを行う
  • 有料の粗大ごみ処理券をコンビニなどの販売店で購入する
  • ウォシュレットを取り外し、粗大ごみ処理券に必要事項を記入して貼り付ける
  • 敷地内の指定された場所にウォシュレットを配置し回収日まで待つ

 

先ほどのごみ処理場に持ち込む方法と違い、車での運搬は必要ないため比較的簡単ですが、粗大ごみ処理券を購入する必要があります。また、自身で取り外しを行う必要があるのはごみ処理場に持ち込む場合と同じですね。

 

また、費用に関しても先ほどの方法に比べ高くなるケースが多いです。

メーカーの下取りサービスを利用する

TOTOやPanasonicなど、トイレを作るメーカーは限られています。こういった大手メーカーにウォシュレットの取り換え作業を依頼した場合、下取りサービスが利用できる可能性があります。

 

この方法の一番のメリットは、ウォシュレットの取り外し作業を全て任せることができる点です。専門家が安全に取り外してくれるので安心ですね。ただし、回収・交換までに時間がかかってしまい待つことになる場合があったり、処分手数料無料と書いてあっても新しいウォシュレットの購入費に処分料が含まれている場合もあるので注意が必要です。

 

なるべく安く・早くウォシュレットを処分したい、かつ自分で取り外し作業を行いたくない場合は後述の「不用品回収業者」の利用がおすすめです。

不用品回収業者を利用する

最後にご紹介するのは「不用品回収業者」を利用する方法です。不用品回収と言うと町中でトラックで回収を行っている業者をイメージする方も多いかもしれませんが、最近ではWeb上で見積もりや依頼を受け付けている業者も多く、回収車が近所で通っていない地域でも依頼が可能です。

 

不用品回収業者もメーカーに依頼する方法同様、ウォシュレットの取り外しを業者が行ってくれます。先ほどの方法との大きな違いは、回収までのスピードでしょう。業者によってまちまちですが、回収までのスピードを売りにする業者も数多く存在します。

 

費用に関しても、業者によってはかなり抑えられます。中には高額な請求をしてくる業者も存在するので、業者選びには十分注意しましょう。

 

弊社の「不用品回収ルート」は、最短即日での回収が可能です。また、費用面に関しても、他社様よりも1円でも回収費用が高い場合は料金相談を受け付けております。

 

費用を抑えつつ、早く楽にウォシュレットを処分したい方にはおすすめです♪

 

お見積りやお問い合わせもWeb上から簡単に行えるので、是非ご検討ください。

まとめ

ウォシュレットの処分方法や故障のサイン、寿命についてご紹介いたしました。

 

生活に関わる家電なので、故障のサインが見られる場合は早めの処分や修理・交換を検討することをおすすめいたします。その上で、最もご自身に合う方法でウォシュレットを効率よく処分しましょう。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top