不用品パンダ
ウォーターベッドの処分・不用品回収の費用を解説

ベッドを処分するなら『不用品回ウォーターベッドの重さは約500kg、クイーンサイズだと1tになると言われています。

 

自力で処分しようとすると、ウォーターベッドの水を抜くため、寝室からベランダの排水口またはお風呂場の排水管まで、ホースをつなげる必要があります。かなりのコツや労力、時間がかかるでしょう。

 

そのため、ウォーターベッドの処分は不用品回収業者を利用するのが、オススメかつ一般的です。

 

この記事では、不用品回収業者の概要や費用感、メリットについて解説します!

ウォーターベッドの処分に不用品回収業者を利用するのが一般的な理由

冒頭でお話しした通り、ウォーターベッドの自力処分はかなり至難。

 

リサイクルショップやフリマアプリなどで売却しようとしても、「他人が使用したところで寝るのには抵抗がある」という理由で、ウォーターベッドは家具の中でも売却しづらいです。

 

一般的にも、ウォーターベッドは不用品回収で処分します。以下の3つの理由から不用品回収がおすすめです。

一切の労力いらずで、家から出る必要がない

不用品回収は電話やWebから連絡するだけで、家から出ずとも業者がウォーターベッドを処分してくれます。

 

さらに、回収しやすいように分解する必要もなく、利用していたそのままの状態で依頼可能。

 

それぞれの処分手順の比較を見てみましょう。

 

フリマアプリ 粗大ゴミ処分 不用品回収
処分手順 ①アプリに登録して出品ページを作成

②売却されるその日までじっと待つ

③売却確定したら、郵送するために分解して運搬

①ウォーターベッドの分解作業

②自治体の「粗大ゴミ回収センター」に連絡

③有料の粗大ゴミ回収券を購入

④指定された曜日・時間・場所に出す

①不用品回収業者に連絡して到着を待つだけ

 

どうしても売却したい、労力をかけられる方以外は、不用品回収がベストでしょう。

捨てたい日に捨てられる

自身の住む自治体に粗大ゴミとして出す場合、指定の曜日と指定の時間(だいたい朝8時)に指定の場所に、ウォーターベッドを出さなければいけません。

 

不用品回収の場合、営業時間内であれば捨てたい日に処分可能です。業者によっては、早朝・深夜の対応を行っています。

その他の処分したい粗大ゴミや不用品を同時に処分できる

不用品回収なら一部のゴミ(生ゴミ・食品・液体物等)を除いて、不用品を同時にまとめて処分できます。

 

業者によっては処分するゴミが多ければ多いほど、料金プランがお得になりますので、ウォーターベッド以外に捨てるものは無いか確認してください。

『不用品回収ルート』なら安く最短その日に回収して致します


不用品回収ルートは創業17年以上、年間回収件数20,000件の実績があり、以下の3つの強みを持っていますので安心してご利用いただけます。

業界最安値でウォーターベッドを処分できる

『不用品回収ルート』は追加料金一切なしの「定額料金プラン」を提供しています。

 

料金設定は業界最安値宣言をしており、費用を抑えてウォーターベッドを処分可能です。もし、他社様の料金の方が1円でも高ければ、料金相談することも出来ます。

 

詳しい料金プランについては、「不用品回収ルートの料金プラン」をご確認ください。

最短1時間後のスピード対応

『不用品回収ルート』は幅広いエリアに対応しており、多数トラックを配備しています。

 

そのため、エリアや交通状況によって時間は前後しますが、最短で一時間後にウォーターベッド処分料金のお見積もりに伺うことができ、納得頂けるお値段であればその場で回収対応することも出来ます。

もしもの時は賠償保証がある

『不用品回収ルート』はベテランの作業院がそろっていますが、万が一にも作業中に何かアクシデントがありました場合でも、最大3,000万円賠償保障制度がありまので安心してご相談いただけます。

 

Webやお電話で無料見積もりができます。まずはじっくりサービスの確認をしてください☞「不用品回収ルートTOP

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

不用品回収業者は確かに無料ではありません。そのため、費用をなんとか抑えたい人は悩ましいことでしょう。

 

記事中でお伝えしたように、不用品回収なら一部のゴミ(生ゴミ・食品・液体物等)を除いて一括処分可能です。身の回りでいらなくなった電化製品や家具、衣類から、子供が昔使っていた電子ピアノのおもちゃ、サビて使わなくなった自転車をこの機会に処分しましょう。

page top