不用品パンダ
一輪台車(手押し車)の2つの処分方法とオススメの不用品回収業者

家庭菜園の時に肥料、堆肥などを荷台に載せて運搬する際に使われる一輪台車(手押し車(以下一輪台車とする))ですが、処分する方法が分からなく困ってしまう人は少なくありません。

 

そこで今回は、「不用になった一輪台車の処分方法」と「オススメの不用品回数業者」について紹介します。

一輪台車の処分方法2つ

一輪台車の処分方法はあまり多くなく、「粗大ゴミ処分」と「不用品回収」のおおよそ2通りに分けられます。それぞれの特徴を理解したうえで、正しく処分するようにしましょう。

粗大ゴミとして廃棄処分する

まずは、各自治体のルールに従って、一輪台車を「粗大ゴミ」として処分する方法です。

 

粗大ゴミの処分方法は次の通りです。

 

  1. 各自治体の「粗大ゴミ受付センター」に問い合わせて、収集を依頼する。
  2. 「粗大ゴミ処理券取扱店」で粗大ゴミ処理券を購入して、一輪台車に貼り付ける。
  3. 粗大ゴミの収集日までに指定した場所に一輪台車を出しておく。

 

粗大ゴミとして処分するこの方法は、市町村が回収・処分を行うので安心さを重視する方にオススメの処分方法です。

 

また一部自治体によっては、集団資源回収の「金属」の分類に対応している地域もありますので、お住まいの自治体の分別規定を確認しましょう。その際、タイヤ・チューブは外して不燃ゴミとして処分します。

不用品回収業者に依頼して回収する

ご家庭で使われている一輪台車なら1台処分すれば済むかもしれませんが、作業現場などで使われている場合は複数台あり、そう簡単には処分できません。

 

不用品回収に依頼すれば一輪台車だけでなく、作業時に発生した不用品を、分別する必要なくまとめて処分することができます。また出張で回収を行っているので、わざわざ自ら搬出する必要はありません。

一輪台車を回収依頼なら不用品回収ルートがオススメ

不用品回収業者はたくさん存在しますが、「不用品回収ルート」には他社には負けない強みがたくさんあります。ここからは「不用品回収ルート」で一輪台車を回収依頼するメリットについて紹介していきます。

サイズや規模に関係なく回収可能

「不用品回収ルート」では、一輪台車のサイズや規模、個数に関係なく回収しておりますので、家庭で使われている方から、業者の方まで気軽にご依頼いただけます。

 

また一輪台車の他の不用品はもちろん、回収作業時に発生したゴミなども回収しておりますので、「不用品をまとめて整理・処分したい」という気持ちだけでかまいません。

 

WEB・LINE・電話からお見積もりができますので、お気軽にご相談ください。液体や砂などは回収の対象外となっておりますので、あらかじめご了承ください。

料金がわかりやすい

不用品回収業者の中には、料金内容が不透明で回収後に金額を吊り上げてくる業者がいますが、「不用品回収ルート」では料金プランが明確ですので、安心してご依頼いただけます。

 

定額プランでは、以下のようなオプション料金もあらかじめ料金に組み込まれているため、追加料金が一切発生しません。

 

  • スタッフ追加料金
  • 出張費
  • 分別作業費
  • 階段料金

 

処分したい不用品が多ければ多いほど、お得な料金プランになっています。

 

特に一輪台車を捨てたいと思う時には他の不用品も出てくると思いますので、、この機会にまとめて処分してしまうことがお勧めです。もちろん一輪台車1点からの回収依頼も承っております。

最大で3,000万円の賠償補填

「不用品回収ルート」では常に最新の注意を払って回収作業をしておりますが、万が一のアクシデントに備えて、最大で3,000万円の損害補填の制度を設けております。

 

一輪台車が狭い場所に収納されていて、自力で取り出そうとすると思わるアクシデントを起こしてしまいそうな状態でも、年間回収実績20,000件を超える回収のプロが作業いたしますので安心してお任せください。

 

回収費用はサイズや個数で変わりますので、まずはお見積もりから気兼ねなくご相談ください♪

まとめ

一輪台車にはおおよそ2通りの処分方法が存在します。これらの方法を使わず自力で作業しようとすると怪我やアクシデントが起こる恐れがありますので注意が必要です。

 

特に年配の方や女性の方は、「不用品回収ルート」などの保証サービスが充実している、プロの回収業者にお任せすることをオススメします。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top