不用品パンダ
業務用冷蔵庫はどうやって処分すればいいの?処分方法から注意点まで

公開日:

 

店舗の閉店や買い替えによって不要になった古い業務用冷蔵庫は、どのように処分すればいいのでしょうか?

 

この記事では、不要になった業務用冷蔵庫の処分方法について紹介していきます。

 

業務用冷蔵庫を処分する際の注意点についても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

業務用冷蔵庫の処分方法

業務用冷蔵庫は、次の方法で処分することができます。

 

  • 不用品回収業者に回収を依頼する
  • 売却する
  • 譲渡する
  • 下取りに出す

 

それぞれの処分方法について詳しく解説していきます。

不用品回収業者に回収を依頼する

業務用冷蔵庫は重量のある製品なので、不用品回収の専門家である不用品回収業者に引き取ってもらうのが一番です。

 

店舗の閉店などで冷蔵庫以外に処分したい製品がある場合はまとめて回収してもらえますし、搬出から運搬まで一貫しておこなってくれるので、依頼した後はすべての作業を任せることができます。

 

ただ、業務用冷蔵庫は「産業廃棄物」という扱いになるので、回収を依頼する場合は「産業廃棄物収集運搬業の許可」を取得している業者に依頼するようにしてください

 

一般の方が家庭で使用している冷蔵庫を処分する場合は、一般の方向けの不用品回収サービスである、弊社「不用品回収ルート」にお問い合わせください。

売却する

業務用冷蔵庫は需要の高い製品なので、処分する予定の冷蔵庫がまだ使える状態であれば売却して処分するという方法がおすすめです。

 

業務用冷蔵庫は一般消費者向けのリサイクルショップやフリマアプリでの売却が難しいので、業務用製品の買取を専門的におこなっている業者に買取を依頼するようにしましょう。

 

業務用の厨房機器を専門に取り扱っているところには、適切な価格での買取や高価買取してくれるところも多いので、そういった業者への売却を検討してみてください。

譲渡する

まだ使える業務用冷蔵庫は、これから飲食店を始めたいと考えている方に譲渡して処分することもできます。

 

わざわざ売却するほどではないけど、まだ使えるし捨てるのはもったいない」という場合は、使ってくれる人に譲るのも一つの手です。

 

また、居抜き物件として入居者を募る場合、業務用冷蔵庫などの設備が残ってると価値が高まり、入居者が見つかりやすくなります。

 

居抜き物件として譲渡したいと考えている場合は、あえて処分せずに残しておくのも一つの手です。

買い替える場合は下取りしてもらうことも可能

業務用冷蔵庫の販売をおこなっている業者の中には、新しい製品に買い替える場合に限り、不要になった業務用冷蔵庫を下取りしているところもあります。

 

業務用冷蔵庫の販売をおこなっている業者全てがそういったサービスをしているわけではないので、事前にリサーチする必要はありますが、買い替える際の処分方法としては最適です。

業務用冷蔵庫を処分するときの注意点

業務用の冷蔵庫を実際に処分する場合、以下の2点に注意しなくてはいけません。

 

  1. 一般ごみや粗大ごみとして処分しない
  2. フロンガスを使用している冷蔵庫の回収は専門業者への依頼が必要

 

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

一般ごみや粗大ごみとして処分しない

業務用冷蔵庫を処分したいと考えている方の中には、一般ごみや粗大ごみとして処分したいと考えている方もいるかと思います。

 

しかし、業務用として使用していた製品を一般ごみや粗大ごみとして処分することはできません

 

業務用として使用していた製品は産業廃棄物として扱われるため、一般ごみや粗大ごみとして処分すると法律で罰せられてしまう可能性があります。

 

費用や手間がかかるため気が引けるかもしれませんが、先ほど紹介した処分方法を参考に、適切な方法で処分するようにしてください。

フロンガスを使用している冷蔵庫の回収は専門業者への依頼が必要

業務用冷蔵庫はフロンガスを使用しているものとノンフロンのものに分けられますが、フロンガスを使用している冷蔵庫を処分するときは注意しなくてはいけません

 

ノンフロンの冷蔵庫を処分する場合は「産業廃棄物収集運搬業」の許可を取得している業者に依頼する方法で処分可能ですが、フロンガスを使用している冷蔵庫を処分する場合は「産業廃棄物収集運搬業」に加え「第一種フロン類回収業者」の許可を取得している業者かどうかについても確認する必要があります。

 

これは環境保護を目的に施行された「フロン回収・破壊法」という法律で定められているもので、違反した場合は法律で罰せられてしまいます。

 

フロンガスを使用している冷蔵庫かどうかは冷蔵庫に貼り付けられている銘柄シールで確認できるので、必ず確認して適切に処分するようにしてください。

まとめ

業務用冷蔵庫の処分方法について紹介してきました。

 

業務用冷蔵庫は重量があるので、搬出・運搬もしてくれる不用品回収業者に任せるのが一番です。

 

不用品回収業者に回収を依頼する場合は、「産業廃棄物収集運搬業」の資格を持っている業者かどうかの確認を忘れずにおこなうようにしてください。

 

また、フロンガスを使用している冷蔵庫の場合は「第一種フロン類回収業者」の許可も必要になるので、こちらについても必ず確認した上で依頼するようにしましょう。

 

まだ使える業務用冷蔵庫を処分したい場合は、売却や譲渡という方法での処分も可能です。

 

新しい冷蔵庫に買い替える場合は下取りしてもらえる可能性もあるので、それぞれの処分方法の特徴を今一度よく確認して、最適だと思われる方法で処分するようにしましょう。

 

一般の方で冷蔵庫の処分に困っている方は、ぜひ不用品回収ルートに回収をご依頼ください。

 

弊社「不用品回収ルート」では冷蔵庫などのリサイクル家電の回収もおこなっております。

 

搬出から運搬まで格安料金で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

業務用冷蔵庫の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

業務用冷蔵庫の不用品回収

業務用冷蔵庫の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

業務用冷蔵庫の不用品回収
0120-555-329

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

最短で30分後には到着が可能となっています。トラックの稼働状況にもよりますのでお急ぎの場合、まずはお電話ください!

2460 現在 お電話すぐ繋がります!

まずは、お電話よりお気軽にご相談ください! 24時間365日無料見積もり相談受付中!

MENU

page top