日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

不用品パンダ
冷蔵庫処分をするための4つの方法と注意点|安くて手間のかからない方法は?

公開日: / 最終更新日:

処分する冷蔵庫

 

「引っ越しのために冷蔵庫を処分しなくてはならない」
「新しい冷蔵庫を購入するから、古い冷蔵庫がいらなくなる」
「故障した冷蔵庫を処分したい」

 

上記のように、冷蔵庫の処分についてお困りではないでしょうか?冷蔵庫は、粗大ごみでは出せないため、きちんとルールを把握してから処分しなくてはなりません。

 

一人暮らし用の小型サイズの物でさえ、冷蔵庫を処分するのはかなり大変です。そもそも、冷蔵庫の処分方法がわからないという方も多いかもしれません。

 

冷蔵庫の処分方法は、いくつかあります。この記事では、冷蔵庫の処分方法とそれぞれの注意点、費用などを解説します。

目次

冷蔵庫を処分する4つの方法

冷蔵庫は、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)の対象であるるため、粗大ごみとして廃棄できません。

 

※家電リサイクル法
家電リサイクル法は、アルミやガラスなどの有用なの含まれた家電製品をリサイクルし、廃棄物の減量や資源の有効活用を目的としています。冷蔵庫・エアコン・テレビ・洗濯機(衣類乾燥機含む)の4つの家電製品が、家電リサイクル法の対象です。

 

従って、冷蔵庫を処分する際には家電リサイクル法に沿って対応している業者に廃棄を依頼しないと、不法行為になろうとしています。考えられる具体的な対処法は、おもに以下の4つの方法です。

自治体のルールに沿って粗大ごみで出す

一つ目の方法は、お住まいの自治体に冷蔵庫の引き取り場所を問い合わせし、指定の引き取り場所への運搬をする方法です。このとき、郵便局にて家電リサイクル券を購入して、廃棄する冷蔵庫に貼り付けなくてはなりません。

 

指定場所までは、自分自身で運搬するか、料金を支払って自治体の指定業者に依頼をするかのいずれかの方法を取る必要があります。

家電量販店などのショップに引き取りを依頼する

冷蔵庫買い替えのため、古い冷蔵庫を処分したい時には、冷蔵庫を購入する家電量販店・電気店にて引き取りを依頼できます。新たに冷蔵庫を購入せず処分のみをする場合には、元々冷蔵庫を購入した店舗に相談すれば、対応してもらえる可能性があります。

 

家電量販店ごとに回収方法や条件がそれぞれ異なるため、個別に確認してください。

リサイクルショップに買取依頼をする

リサイクルショップに買取を依頼する方法もあります。買取対象の目安は、製造後5年以内です。また、付属品や説明書が全て揃っていると、買取対象になりやすい傾向があります。反対に、期間の古いものや、故障している冷蔵庫は、買取対象にはならない可能性が高いでしょう。

 

店舗やプランによって、リサイクルショップまでご自身で運搬しなければならないケースと、出張買取に対応しているケースとがあります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者とは、トラックを使ってご家庭や事業者のゴミをまとめて処分してくれる業者のことです。不用品回収業者に回収を依頼すると、冷蔵庫・テレビ・エアコン・ソファ・クローゼットなどの大型家電や家財をまとめて処分できます。

 

上記を踏まえて、次の章からはそれぞれの処分方法のポイントと注意点を解説します。

冷蔵庫を自治体のルールに沿って処分する場合のポイント・注意点

自治体のルールに沿って処分する方法は、自治体正規の処分方法であるため、トラブルのリスクがなく安心感をもって処分できる点が大きなメリットです。しかしながら、自治体のルールに沿って処分する場合、以下の3つのポイントに注意する必要があります。

郵便局などで家電リサイクル券の購入が必要

家電リサイクル券は、冷蔵庫の種類やメーカーによって価格が決まっています。2021年現在では、小型冷蔵庫3,740円・大型冷蔵庫4,730円の価格設定になっています。

 

また、冷蔵庫を複数台処分したり、テレビ・エアコン・洗濯機を一緒に処分する際には、台数分の家電リサイクル券が必要です。家電リサイクル券についての価格の詳細は、一般財団法人家電製品協会のホームページなどで確認できます。

搬出作業が必要

自治体のルールに沿って処分する際には、指定された日時に指定場所まで運搬をしなくてはなりません。もしくは、自治体指定の業者に依頼をして、有償で運搬を依頼しなくてはなりません。運搬費用は業者ごとに異なりますが、相場は1台あたり3,000円前後です。

 

最寄りの指定処分場所が知りたい方は、自治体窓口もしくはこちらのホームページにて確認できます。

前日から準備が必要

自治体のルールに沿って冷蔵庫を処分する場合、日程面で融通がききにくい点にも注意しておく必要があります。冷蔵庫の処分の場合、前日から中を空にしたり水抜きをしたりしておかなくてはならないため、引っ越しの際などはスケジュールの調整が、難しかったり負担になったりするかもしれません。

冷蔵庫を家電量販にて処分する場合のポイント・注意点

新品の冷蔵庫を購入する際に古い冷蔵庫の処分を業者に依頼すると、購入と処分の手続きが一度に済ませられるのでとてもスムーズです。また、日程調整がうまくできれば、搬入と搬出を同じ日程に設定できるケースもあります。

 

しかし、家電量販店に依頼をする場合にも押さえておきたいポイントが2点あります。

対応の可否は店舗による

家電量販店で新たに冷蔵庫を購入する際には、古い冷蔵庫の回収依頼に対応してもらえます。しかし、処分のみの場合や新品の搬入先と処分品の回収地が異なる場合などの対応は家電量販店によって対応が異なります。従って、最寄りの家電量販店・電気店に対応の可否や手続き方法を確認したうえで、依頼をしましょう。

リサイクル券と運搬料が必要

家電量販店にて処分をする場合に関しても、リサイクル券の料金と運搬料がかかります(運搬料は、ご自身で処分品を店舗に持ち込みされる場合、かからないケースもあります)。

 

主な家電量販店の料金と対応可否は、以下のとおりです。

 

●ヤマダ電機
リサイクル券3,740円~/運搬費1,650円~
冷蔵庫を購入する場合のみ、古い冷蔵庫の回収に対応。

 

●ケーズデンキ
リサイクル券3,740円~/運搬費1,650円~
処分のみの依頼の場合、追加出張費用(3,300円)の支払いにて、対応可能。

 

●エディオン
リサイクル券3,740円~/運搬費1,650円~
処分のみの場合や、冷蔵庫以外の商品購入と同時の回収の場合であっても、追加料金の支払いにより回収可能。

 

●ヨドバシカメラ
リサイクル券3,740円~/運搬費550円~
ヨドバシカメラで商品を購入する場合のみ。冷蔵庫とは異なる商品を購入の場合や、購入品数よりも処分品の数が多いときは、追加費用の支払いが必要。

 

上記のように、店ごとでそれぞれ条件が異なります。家電量販店に回収を依頼をする際には、状況を正確に伝えて詳細を確認しましょう。

冷蔵庫をリサイクルショップにて処分する場合のポイント・注意点

まだ十分に作動する冷蔵庫を処分する方にとっては、「まだ使えるのにお金を払って処分するなんてもったいない」との思いがあると思います。リサイクルショップで処分すれば、冷蔵庫を換金できます。

 

一方で、リサイクルショップで処分をする場合には、以下の点に注意しなくてはなりません。

古い冷蔵庫は売れない場合がある

リサイクルショップでの買取可否は、商品価値に左右されます。従って、古い冷蔵庫や故障中の冷蔵庫は、買取対象外になる可能性が高いです。多くのリサイクルショップでは、買取対象に製造年月日から5年以内という規定を設けています。

 

その他、海外製の商品や家電量販店や通販会社のPB商品などに関しても買取対象にはならない可能性が高いです。

 

必ず買い取りをしてもらえるわけではないことをあらかじめ把握しておきましょう。

持ち込みが大変/回収費用がかかる場合がある

リサイクルショップは、路面店として営業しているタイプの店舗とインターネット店舗があります。路面店の場合は、処分品の冷蔵庫を店舗まで持ち込むのが原則です。ショップによっては出張買取サービスをおこなっているところもありますが、通常出張料がかかります(「出張料無料」でも、実質的に買取額と相殺される形を取っています)。

 

インターネット店舗の場合は、出張買取が一般的です。出張料金については、路面店のケースと同じように、実質的に買取料金との相殺となっています。

リサイクル料がかかる場合もある

リサイクルショップに買取依頼をする場合、リサイクル料を不要に設定しているショップが多いです。しかし、店舗の規定によっては買取時にリサイクル料がかかることもあります。また、古さや故障などの問題で価格がつかないものを引き取ってもらう場合、リサイクル料と回収費用がかかるケースもあります。
※オークションやフリマアプリでの個人間取引をする方法についても、簡単に触れておきましょう。個人間の売買では、リサイクル店で買取を拒否された旧式やジャンク品の冷蔵庫でも売却できるかもしれません。また、リサイクルショップでの相場よりも高く買い取ってもらえる可能性もあります。
ただし、売買の手続きや発送を自分自身でおこなわなくてはならない点が大きな負担になります。特に、冷蔵庫を梱包して発送するのは、かなりの負担になるでしょう。

冷蔵庫を不用品回収業者にて処分する場合のポイント・注意点

4つの方法の中で、最も手間のかからない方法は不用品回収業者に依頼する方法です。不用品業者に依頼をすれば、自宅まで回収に来てもらえるだけでなく、ほかの不用品も一緒にまとめて処分できるためです。業者によっては、梱包作業までお任せできるケースもあります。

 

不用品業者の料金体系は、大きく分けて2通りあります。アイテム数や容量に応じて費用が加算されるパターンと、トラックの容量に応じて料金が決定するパターンです。トラック容量に比例する料金体系の場合、トラックが大型になれば、その分基本料金が追加になりますが、処分品の分量が増えてもトラックのサイズが同じなら同額です。

 

ただし、冷蔵庫を含む家電リサイクル法適用対象の家電製品は、原則としてリサイクル料が加算されます(リサイクル料込みの料金体系を案内している業者もあります)。

 

不用品回収業者に処分を依頼する際のポイントは、以下のとおりです。

業者の選定が大切

不用品業者を選ぶ際に最も注意をしなくてはならないのが、業者の選定です。環境省をはじめ、行政機関からも悪質な不用品回収業者に依頼をしないように、注意喚起をしています。

 

参照:環境省
いらなくなった家電製品は正しくリユース・リサイクル!

 

違法業者の特徴は、「なんでも無料で回収」など利用者にとってとても都合のよい情報をアナウンスしていることです。そして、違法業者・悪徳業者に依頼した場合には、以下のリスクが発生します。

 

・違法業者は、回収したゴミを不法投棄や不適切処理をする可能性が高く、違法行為に加担することになります(不法投棄や不適切処理は、環境汚染・フロンガスの発生・火災の派生などの問題につながります)
・荷物を業者のトラックに積載したとたんに高額な料金を請求され、結局、正規の廃棄料金よりも高額な料金を負担することになる恐れがあります

 

従って、「無料だから」「ちょうど回収車が近くを通りかかったから」という理由で安易に飛びつくのではなく、冷静に業者を見極める姿勢が必要です。特に冷蔵庫はリサイクル法が適用される家電製品なので、リサイクル法やリサイクル料金について明記している回収業者を選択しましょう。

同時に処分するものをピックアップしておく

不用品回収業者に依頼をする際には、処分したいものをまとめて依頼する方がお得です。特に引っ越しなどの事情により新生活がスタートするケースでは、処分するアイテムが同時に多数出てくることも多いためです。処分したいものを一度に処分できれば、手間も費用も軽減できます。

 

せっかく不要なものをまとめて処分してくれる業者を利用するのであれば、メリットを最大限に活かせるように、事前に準備をしておきましょう。

冷蔵庫の処分にかかる費用相場

冷蔵庫の処分方法のメリット・注意点を一通りチェックしたところで、最後にそれぞれの料金について確認しておきましょう。

 

費用内訳 自治体 家電量販店 リサイクル店 不用品回収業者
リサイクル料 3,740円~ 3,740円~ 不要な場合あり 基本的には3,740円~(基本料金に含まれる場合あり)
運搬費用 自治体の規定による(3,000円前後~)・持ち込みの場合は無料 店舗や購入時の状況による(550円~)・持ち込み時の費用は店舗の規定による 持ち込み・出張買取・宅配業者を使った配送(買取価格と相殺されることが多い) 容量に応じた料金体系
追加費用がかかる可能性 特になし 新品の購入を伴わないケースや新品の納品場所と処分品の回収場所が異なるケースなど 特にないが、商品状態の良くないものは買取を拒否される可能性がある 回収場所のすぐ近くにトラックを付けられない場合などで、追加費用発生の可能性がある

 

不用品回収ルートの冷蔵庫・冷凍庫の回収実績

神奈川県川崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収

■回収前

神奈川県川崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収前

■回収後

神奈川県川崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収後

 

神奈川県川崎市にて冷蔵庫とその他1点の不用品を回収いたしました。

冷蔵庫は搬出中に扉が開いてしまうのでテープで留め、小さめのサイズだったのでスタッフ1名でトラックまで運びました。

作業時間も短く済み、お客様にも満足していただけました。

愛知県名古屋市の冷蔵庫・冷凍庫の回収

■回収前

愛知県名古屋市の冷蔵庫・冷凍庫の回収前

■回収後

愛知県名古屋市の冷蔵庫・冷凍庫の回収後

 

愛知県名古屋市にて、冷蔵庫の回収に伺い、一緒に洗濯機も回収いたしました。
今回回収した冷蔵庫はシャープ製のものでかなり状態がよかったので、こちらで買取させていただきました。

長崎県長崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収

■回収前

長崎県長崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収前

■回収後

長崎県長崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収後

 

長崎県長崎市にて、マンションの上階から冷蔵庫1点と同時にソファを回収いたしました。
搬出中に扉が開閉して事故につながる危険性があるので、冷蔵庫の扉部分はテープ留めして固定してから搬出。
作業時間はトータル20分ほどでした。

神奈川県川崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収

■回収前

神奈川県川崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収前

■回収後

神奈川県川崎市の冷蔵庫・冷凍庫の回収後

神奈川県川崎市にて、sharp製の冷蔵庫1点の回収を行いました。
冷蔵庫のある位置から玄関までの搬出経路がすでに確保されていたので、スムーズに搬出することができました。
今回依頼のあった冷蔵庫はかなり状態がよかったので、買取対応をさせていただきました。

三重県津市の冷蔵庫・冷凍庫の回収

■回収前

三重県津市の冷蔵庫・冷凍庫の回収前

■回収後

三重県津市の冷蔵庫・冷凍庫の回収後

三重県津市にて、一軒家から不要になった冷蔵庫1点の回収をいたしました。
お客様のご自宅前の道路の道幅が狭い関係で、トラックを少し離れた位置に停車させていたので、台車を使用して作業時間を短縮いたしました。

静岡県浜松市の冷蔵庫・冷凍庫の回収

■回収前

静岡県浜松市の冷蔵庫・冷凍庫の回収前

■回収後

静岡県浜松市の冷蔵庫・冷凍庫の回収後

静岡県浜松市にて、冷蔵庫1点の回収をいたしました。
お客様のご要望で深夜に訪問したので、冷蔵庫をトラックまで搬出する際は極力声を出さず静かに行いました。

まとめ

家電リサイクル法が適用される冷蔵庫を処分するためには、手間・費用がかかってしまいます。しかしながら、家電リサイクル法は限りある資源を有効活用するために守らなくてはならない法律です。

冷蔵庫の処分方法は大きく分けて、以下の4種類です。

・自治体のルールに沿って回収
・家電量販店にて回収
・リサイクルショップに売却
・不用品回収業者

それぞれメリットと注意点があるので、記事を参考にしながらぜひご自身に合った処分方法を選択してください。

また、家電量販店・リサイクルショップ・不用品廃品業者で処分をする場合は、店舗・業者によっても費用や条件が異なります。

不用品回収ルートは、業界最安値・即日対応・賠償保障などのメリットから多くのお客様に支持されている業者です。古物商許可を取得している不用品回収ルートならではの強みとして、回収する不用品のなかから、買取可能なものは買取対応をしています。

冷蔵庫の処分についてお困りでしたら、ぜひご相談ください。

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

冷蔵庫・冷凍庫の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

冷蔵庫・冷凍庫の不用品回収

冷蔵庫・冷凍庫の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

冷蔵庫・冷凍庫の不用品回収
0120-555-329

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

最短で30分後には到着が可能となっています。トラックの稼働状況にもよりますのでお急ぎの場合、まずはお電話ください!

2460 現在 お電話すぐ繋がります!/

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top