不用品パンダ
1人で捨てられない・・もう使わないソファの処分方法を解説

ソファはお部屋でくつろぐ上で欠かせない家具の一つで、1人用ソファやL字型のソファなどサイズも形も様々です。それゆえソファを処分する方法もいろいろあるので、どうやって捨てたらいいかわからない方も多いと思います。

 

ここではソファを捨てたい時にまず確認したい、買い替えの時期と処分方法について解説いたします。どの処分方法なら納得いくか自分で考えながら確認しましょう。

ソファの買い替え時期は?

ソファの買い替えの時期は素材によって異なります。まずは自分のソファが買い替えの時期か判断するための、見分けるポイントについて解説いたします。

布ソファの場合

布ソファは他の素材に比べて、丈夫なため破れたりすることは少ないですが、シミや汚れがついたりすることが買い替えのサインになります。

 

ソファの使用環境によって変動はありますが、およそ7〜10年ほどを目安に買い換えるといいでしょう。

 

布ソファはカバーががせ剥るものがほとんどですので、こまめに洗濯することで寿命を伸ばすことができます。

合皮ソファの場合

合皮ソファは年数経過とともに、革の表面が剥がれたり、ボロボロになることが多いです。また日光に当たることも劣化を早める原因になります。合皮ソファの寿命はおよそ5年前後と言われています。

 

こまめに水拭きをするなど、汚れを防ぐことで長い年数使うことができますが、最大でも8年ほど使用したら買い替えするのがオススメです。

本革ソファの場合

本革ソファは今回紹介した中で最も寿命が長く、10年以上は持つと言われています。合皮ソファとは違い年数経過で味も出てくるのが一つのポイントです。

 

買い替えのサインとしては合皮と同じく表面のひび割れや、ボロボロになってきたら買い替えのサインです。直射日光や水濡れを避けることで使用寿命を伸ばすことができます。

ソファのクッションがヘタれる場合も買い替えの目安

ソファのクッション部分には、ほとんどの場合ウレタンを用いてるのですが、ウレタンは長年使っていると必ずヘタりが出てきます。


ウレタンフォームを支えるスプリングの形状によってソファの寿命が変わることもあり、ソファの使用人数が多い場合は寿命よりも早くヘタることもありますので、買い替えの時期が早まります。

使わなくなったソファの5つの処分方法

ここからは使わなくなったソファの5つの処分方法について解説していきます。

①粗大ゴミとして処分

使わなくなったソファを自治体の規定に従い、回収日に指定場所まで運んで粗大ゴミとして処分する方法です。

 

この方法では自治体による回収のため、費用は安く終えられることがメリットになりますが、指定の場所まで持ち運ぶことと、回収される日付が決まっているというデメリットがあります。
1人用のソファなら1人で持ち運ぶことも可能だとは思いますが、2人用以上のサイズが大きいものになると1人で運ぶのは困難になってきます。

 

また、自治体によっては処分できる大きさの上限が決まっていますので、自分の住んでいる自治体の規定を必ず事前に確認する必要があります。サイズの上限を超えていた場合でも、ソファを自分で分解することで粗大ごみとして自治体に依頼することも可能です。

 

一般の方が分解作業を行うと怪我をする恐れがあるので、あまりオススメはできません。

②リサイクルショップで買い取ってもらう

使わなくなったソファをリサイクルショップで買い取ってもらうことで、お得に処分する方法もあります。処分費用がかからなく、ゴミとして処分しないので環境とお財布に優しい処分方法と言えます。

 

使用する上で問題ない状態のソファであれば買取は可能ですが、ソファのバネが壊れていたり、革が破れていたりすると買い取ってもらえない場合もありますので注意が必要です。

 

また査定を依頼する際に自宅まで出張をしてもらえるか、店頭に持ち込みが必要になるかにより、かける手間が大きく違いますので事前に必ず確認しましょう。

③家具販売店で引き取ってもらう

新しいソファの購入時に古い家具の回収を行っている家具販売店に引き取ってもらう方法です。

 

すでに新しくソファを買うことが決まっており、購入先のお店が引き取りに対応している場合のみに利用出来る処分方法ですが、一番手間がかからず料金も比較的お安くご利用出来る場合が多いのでとてもお勧めの方法です。

④引越業者に処分してもらう

引越し業者の中には荷物を運び出したついでに、不要な物を処分してくれる業者も存在します。この場合は別料金が発生するところがほとんどですので、事前にどの程度の料金がかかるかを確認してからお願いするようにしましょう。

 

引越しする方に限った処分方法ですが、手間を省きたい方にとってオススメの方法です。

⑤不用品回収業者に回収してもらう

不用になったソファを不用品回収業者に自宅まで出張しもらい回収してもらう方法です。

 

手間がかからないのはもちろん、細かな規定も無く、リサイクルショップでは引き取ってもらえないような状態でも回収してもらうことが可能です。

 

不用品回収に依頼することで確実に処分できるうえ、買取してもらえることもあるので費用が安く済むこともあります。

 

安い金額で回収してくれる業者を探すことも選ぶ時の1つのポイントになります。

ソファの回収なら不用品回収ルートにお任せください!

ここからは不用品回収ルートの他社にはない強みがたくさんありますのでご紹介していきます。

業界最安値宣言

あまりお金をかけたくない、とにかく安く処分したいなら不用品回収ルートにお任せください。

 

不用品回収業者の中には回収した後で高額な費用を請求してくる悪徳業者もいます。

 

不用品回収ルートにでは、お見積もりは無料となっており、回収金額が他社よりも1円でも高い場合は相談を受け付けています。

即日回収することも可能

粗大ゴミやリサイクルショップでの買取となると、処分したいと決めた日から数日の間が空いてしまうことがあります。

 

不用品回収ルートでは即日回収が可能なので、普段仕事が忙しい方や急な空き時間ができて処分したい方でも最短で処分することができます。

回収以外にも簡単な清掃にも対応

不用品回収ルートでは、回収後の部屋の模様替えのお手伝いや、残ってしまった汚れ等についても責任を持って清掃させていただきます。

 

お部屋の入り組んだ場所に置いてあるソファでも回収いたしますので、回収するためにお部屋の掃除や整頓をしていただく必要はありません。

 

また、ソファを処分するついでに不用なものもまとめて回収いたしますので、家の中でソファ以外に不用品がある場合にはお気軽にご相談ください。

最大賠償3,000万円補填

不用品回収ルートではお客様の壁や床が傷つかないように細心注意を払って作業していますが、万が一アクシデントが起きてしまった際は最大で3,000万円の補填することができます。

 

自分で搬出する際に壁を傷つけてしまっても保証は効きませんし、怪我に繋がる恐れもあります。不用品回収ではプロが作業いたしますので、依頼するのが初めてでも安心してお任せください。

 

お見積もりは無料でご相談できますのでお気軽にご連絡ください。

まとめ

ソファは大きな家具で日常的に使われる消耗品です。購入時に室内へ運んでもらうことは購入先のお店のサービス内で対応していることが多いですが、処分となれば様々な方法があります。

 

粗大ゴミの処分やリサイクルショップに比べて最も簡単で安心な方法として、不用品回収をオススメします。

 

不用品回収ルートでは忙しいお客様や費用を減らしたいお客様でも納得いただけるサービスを行っていますので安心してご依頼ください。

page top