マットレスの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン
不用品パンダ
不要になったマットレスの賢い処分方法7選
公開日: / 最終更新日:

大物家具や寝具は購入時に搬入設置してもらうことが多いので「買うは易し、処分は難し」の代表的なものですね。特にベッドや古くなったマットレスの捨て方など、いざ処分となると頭を悩ますことが多いでしょう。

 

買い替えをする場合は、大型店は店独自の買替・下取りサービスが付帯することもありますが、ネットで購入する場合は買替・下取りサービスがないのがほとんどです。

 

断捨離をして部屋を広くしたいと考えている場合には、買い替えではなく、単純にマットレスの処分だけなので、選択肢は限られてきます。

 

引っ越しや古い家を処分する場合は、この機会に一気に荷物を片づけたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

ここでは不要になったマットレスを、できるだけ効率的に賢く処分する7つの方法をわかりやすく紹介します。無料の方法や場合によっては買取してもらえ得することも!それぞれのメリット・デメリットを比較して、納得いく方法で不要になったマットレスをすっきりと処分しましょう。

処分したいマットレスの種類は?

まず最初に、マットレスと言っても構造に大きな違いがあり、重さも異なるので最初に処分したいマットレスはどのタイプなのかを確認しましょう。シングルサイズ(幅100cm)でおよその重さも参考にして下さい。

 

低反発マットレス: 身体をソフトに支える低反発ウレタンを使ったタイプのマットレス 10kg~

 

高反発マットレス:点で体を支える硬めの ウレタンを使用しているタイプのマットレス 14Kg~

 

コイルタイプマットレス:コイルがたくさん並んだプリングタイプのマットレス 20Kg~

 

ウォーターマットレス :中に水が入っているタイプのマットレス 350Kg~

 

一番軽い低反発マットレスでも10Kgの重さがあり、一般的なコイルタイプで20Kg~28Kgほどの重量があります。マットレスはかなり重いので処分する方法に悩みますね。

どんな捨て方・処分方法があるの?処分方法7選

マットレスを捨てたい、処分したい場合の方法として、代表的なものを順に7選紹介します。興味がある方法のそれぞれのメリット・デメリットを比較して最適な方法を見つけて下さい。

 

1.自治体の粗大ごみ回収
2.自治体のごみ回収センター
3.売買オークション出品
4.家庭ごみの不燃ごみ
5.リサイクル業者
6.不用品回収業者
7.買い替え下取りサービス

1.自治体の粗大ごみ回収

1番普及している安心な処分方法です。お住いの自治体ごとに費用やルールは異なり、マットレスの種類やサイズによって変動しますが、およそ¥1000~2200程度のようです。指定された金額の粗大ごみ処分手数料券のシールを購入し、マットレスに貼って決められた日時に回収場所に出します。

 

メリットは比較的安価で処分できること。立ち合いも不要です。

 

デメリットは、事前に申し込みをし、自力で回収場所へ運ばなくてはいけないという事です。マンションの上層階の場合はエレベーターに載せて、指定された1階の回収場所に指定日時に運ばなくてはいけません。1人では難しいので人手が必要です。階段で運ぶ場合もかなりの腕力を必要とします。また、回収日まで1か月待ちという事も多いので、急いで処分したい場合には不向きです。

2.自治体のごみ回収センター

お住いの自治体によってはごみ回収センターへの持ち込みができる場合があります。
安価にできる処分方法のひとつですが、こちらも自治体によって費用は異なりますので、お住まいの地域に該当する施設があるのかまずは調べてみて下さい。

 

メリットは安価に希望の日時に運んで手早く処分できること。持ち込めば無料で処分してくれる自治体もあります。

 

デメリットは、自力で回収センターへ運ばなくてはいけないという事です。こちらもマンションの場合はエレベーターや階段の搬送ルートが大変で、1人では難しいので、腕力のある人手が2人は必要です。しかも自宅から現地まで運ぶ必要があるため、搬送するための自家用車は必須です。そもそもマットレスが積めるサイズの車かどうかも関係します。持ち込んだ先でも処理場内を自力で運ぶので安全な靴や服装で行く必要があります。

3.売買オークション出品

ネットオークションやメルカリなどに出品する方法です。
ほとんど何でも出品することができるサービスなので、気軽に試せる方法ですが、実際には大物の梱包や重量が重いため、配送料が高くなってしまいます。いつ売れるかわからないこともあり、処分を急いでおらず時間があって、売れればラッキーぐらいの気持ちであれば試しても良いかもしれません。手間を惜しまずに、気長に処分を待てる方に向く方法です。

 

しかし低反発マットレスのように、丸めたり折りたためるものであればまだしも、コイルマットレスやウォーターマットレスは送料が相当に高くなるため、現実的には難しい方法でしょう。

 

メリットは売れれば収益が得られること。

 

デメリットは、梱包の手間がかかること。破れたり雨でも汚れないようにしっかりと資材を購入してビニール梱包しないと、後々のクレームやトラブルにつながる可能性があります。
また、重量が重いため宅配業者に回収サービスを頼まなくてはいけないこと。配送費が高く、いつ売れるかわからないので、処分を急がない場合のみしか適さない方法です。
直接受け渡しする引取り方法もありますが、住所を知られる不安は拭えませんので、慎重に考えたほうが良いでしょう。

4.家庭ごみの不燃ごみ

労力は惜しまずに無料で処分したい場合の方法です。
マットレスを切り開いて分別し、お住いの地区のルールに従って通常の家庭ごみ回収に出す方法なので無料で処分することができます。柔らかい低反発マットレスなどであれば可能な方法です。

 

メリットは無料で処分できること。

 

デメリットは、地域の分別ルールに沿って行う必要があり、コイルタイプのマットレスなどの場合は、硬いスプリングやコイルを切り刻むのに相当の労力と、専用の道具も必要になり、現実的には1番ハードルが高い方法になります。
解体するためには時間と手間がかかり、ほこりが大量に舞うので、その後の掃除も大変です。また、大量の不燃ごみは1度に集積所に出すことができないため、数回に分けて出す必要があります。

5.リサイクル業者

リサイクル業者に買取してもらう方法です。

 

ただ、マットレスに関しては新品や未使用品以外は買取されるケースは少ないようです。長年肌に直接触れて使われた寝具で劣化したものは、衛生的な観点からも購入者は多くないとされています。いざ見積してみると実際は買取ではなく、不用品回収費用を払うという事が多いようです。

 

メリットは新品や未使用品のマットレスの場合は買い取ってもらえ収益があること。その場合は回収に来てもらえます。

 

デメリットは、買い取ってもらえるリサイクル業者を探し出す根気と労力が必要です。いざ問い合わせてみると新品以外は買取はされないことが大半のようです。

6.不用品回収業者

もう割り切って不用品を回収してもらう方法です。ある程度費用はかかりますが、まず数社で見積もりを取ってみて、納得した場合に発注すればよいので、1番労力がかからず効率的に処分することができます。多くの不用品回収業者がありますので、しっかり比較検討しましょう。弊社の場合ですと、回収物の種類や大きさによって料金が変動しますので「料金プラン」のページをご覧ください。

 

メリットは効率的に手早く確実に処分できることです。希望の日時に自宅に回収にきてもらえ、運び出してもらえるので一切労力を必要としません。マットレスだけでなく、ついでに他の不用品もまとめて処分することも可能。一気に片付くのでストレスがなく、1番現実的な方法でおすすめの方法です。

 

デメリットは、費用がそれなりにかかること。回収日時には1人立ち合いが必要です。
また、業者によっては重量や搬出ルートによって追加費用が発生するケースもあり、信用できる業者に発注することが重要です。軽トラックで不用品回収アナウンスをして回っている業者は避けたほうが良いでしょう。

7.買い替え下取りサービス

マットレスを大型店で新たに購入し、新しいマットレスの搬入と共に古いものを下取り・回収してもらう方法です。

 

断捨離でマットレスを処分したい方には不向きですが、買い替え予定の方には適した方法です。ネットや安売り店では下取りサービスがないことが多いので、大型店などで調べてみましょう。高級品を扱う店では無料のところもありますが、一般的な店では¥3000程度の下取り費用は必要なようです。

 

メリットは処分と新しいものの設置が同時に行えるということです。

 

デメリットは、購入する店が大型店に限られること。ネットや安売り店では下取り対応はほとんど行われていません。また、マットレスを断捨離したい、処分だけしたいと考えている方にはそもそも本末転倒の方法になってしまいますので、買い替えなのか、処分だけしたいのかを冷静に考えてみてください。

不用品回収ルートのマットレス回収実績

静岡県静岡市のマットレスの回収

■回収前

静岡県静岡市のマットレスの回収前

■回収後

静岡県静岡市のマットレスの回収後

 

静岡県静岡市にて、マットレスの回収に伺いました。
外に階段がある住宅であったため、慎重に運搬作業を行いました。
一点のみの回収であったため、作業時間は20分ほどで終了いたしました。

大分県大分市のマットレスの回収

■回収前

大分県大分市のマットレスの回収前

■回収後

大分県大分市のマットレスの回収後

大分県大分市にて、マットレス1点の回収に伺い、同時にソファを回収いたしました。
少量の回収作業だったので、10分ほどで搬出作業が完了。
ソファのあった位置にほこりやゴミが溜まっていたので、弊社スタッフが清掃させていただきました。

岡山県岡山市のマットレスの回収

■回収前

岡山県岡山市のマットレスの回収前

■回収後

岡山県岡山市のマットレスの回収後

岡山県岡山市にて、一軒家からマットレスとその他不用品を回収いたしました。
マットレスの回収依頼は非常に多くいただくので、経験豊富なスタッフがスムーズに回収。
他の不用品と一緒に綺麗にトラックに詰めて回収いたしました。

兵庫県西宮市のマットレスの回収

■回収前

兵庫県西宮市のマットレスの回収前

■回収後

兵庫県西宮市のマットレスの回収後

兵庫県西宮市にて、一軒家からマットレスと一緒にソファを回収いたしました。
お客様の自宅前の道路は道幅がかなり狭く、トラックは少し離れた場所に停車させていましたが、台車を使用して予定通りの時間に回収完了しました。

兵庫県尼崎市のマットレスの回収

■回収前

兵庫県尼崎市のマットレスの回収前

■回収後

兵庫県尼崎市のマットレスの回収後

兵庫県尼崎市にてマットレスの回収に伺い、同時にソファを一点回収いたしました。
連絡をいただいた当日中に訪問し、アパートの2階から慎重に搬出。アクシデントなく無事回収作業が完了しました。

宮崎県宮崎市のマットレスの回収

■回収前

宮崎県宮崎市のマットレスの回収前

■回収後

宮崎県宮崎市のマットレスの回収後

宮崎県宮崎市にて、一軒家からマットレス1点を回収いたしました。
マットレス1点の回収だったので、近くの現場で作業が完了したスタッフが、トラックの積荷に余裕があったのでそのまま訪問して引き取りました。

まとめ

ここでは「不要になったマットレスの賢い処分方法7選」を紹介しました。あなたに適した処分方法は見つけられましたでしょうか?

 

どんな種類のマットレスを、いつまでに処分したいのか?
マットレス以外にも処分したいものがあるのか?
マットレスの買い替えなのか、処分だけをしたいのか?
搬出搬送を手伝ってくれる人はいるのか?
 などなど

 

色々な条件を照らし合わせ、どの処分方法があなたにとって最適な方法なのか検討してみて下さい。

 

不用品回収業者の中には、買取も併せて行っているところもあります。弊社の場合も不用品回収時に買取可能です。

 

どこの業者が良いかお困りの場合は、回収と買取を同時に検討できる「不用品回収ルート」をぜひチェックしてみて下さい。明瞭会計で追加料金など煩わしいシステムがなく、対応エリアも関東から関西、近畿、九州までと幅広いぜひご利用しみてください。

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

マットレスの不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

マットレスの不用品回収

マットレスの不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

マットレスの不用品回収
0120-555-329

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top