不用品パンダ
誰でもわかる!クーラーボックスの4つの処分方法

クーラーボックスはキャンプやバーベキューなどのアウトドアで、冷たさを保つために便利な収納ボックスですが、シーズンが過ぎたらほとんど使用しなくなり、オフシーズンの間は押入れなどに収納されていることが多いです。

 

またクーラーボックスに匂いがついてしまったなどにより、使い物にならなくなってしまった場合には処分を検討する人も多いと思います。

 

ここではクーラーボックスの捨て方について困っている方のために、4つの処分方法を紹介します。間違ったやり方で捨ててしまわないよう、適切に処分しましょう。

クーラーボックスの4つの処分方法

クーラーボックスの処分方法はサイズや素材で異なります。それぞれの処分方法の特徴を理解した上で処分するようにしましょう。

可燃ゴミ・不燃ゴミとして廃棄処分する

プラスチックやビニールでできたクーラーボックスは、燃えるゴミとして廃棄処分することができます。金属でできたクーラーボックスは、不燃ゴミとして廃棄処分しましょう。

 

どちらも自治体指定のゴミ袋にいれる必要があるので、袋に入りきらない場合は粗大ゴミとして処分する必要があります。

粗大ゴミとして廃棄処分する

クーラーボックスの大きさが50㎝以上のものは、自治体の規定にしたがって粗大ゴミ処分することになります。自治体によっては30㎝以上のものから粗大ゴミ扱いになるところもあるので、住んでいる自治体のホームページなどから粗大ゴミの規定を確認しましょう。

 

また、最寄りの「クリーンセンター」へ持ち込むことで収集日を待つことなく処分できます。

ネットオークション・フリマに出品する

ネットオークションやフリマに出品することで、わずかな収入を手に入れながら処分することができるので、お金を払って処分するのがもったいなく感じている方にオススメの方法です。

 

しかし出品する際は梱包して発送する必要があるので、手間なく処分したい方にはオススメできない処分方法です。また、梱包するための箱や衝撃吸収剤から、発送までの費用を自分で負担することになるので、合算してマイナスになってしまわないように気をつけましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

クーラーボックスが複数個ある場合など、まとめて処分したいかたは不用品回収業者に依頼することで、分別する必要なく簡単に処分することができます。

 

不用品回収業者が自宅まで出張し、クーラーボックスの回収を行うので、依頼してから自宅に待機しているだけなので手間をかけずにに済みます。

 

他の処分方法と比べて費用はかかってしましますが、その分「粗大ゴミ処分」や「ネットに出品」などとは違い、細かなルールを気にせずに処分出来るので、面倒くさがりな方にオススメの方法です。

クーラーボックスの回収なら不用品回収ルートにお任せ

不用品回収ルートでは、他社で回収できない状態のクーラーボックスでも回収いたします。その他、クーラーボックスを回収する上で嬉しい「不用品回収ルート」ならではのメリットについて紹介します。

クーラーボックス以外の不用品もまとめて回収可能

押入れ掃除している時に出てきたクーラーボックスと一緒に釣竿など他にも不用品が有る場合、不用品回収ルートならまとめて回収致します。もちろん事前に分別や解体する必要はないので、手間をかけずにそのままの状態で回収に伺います。

 

WEB・LINE・電話からお好きな方法で無料お見積もりが可能です。もちろん回収費用に納得がいかない場合はキャンセルすることも可能です。

業界とトップクラスの安さ

不用品回収ルートでは、不用品回収の費用を業界最安値宣言を掲げております。回収費用が他社よりも1円でも高い場合はお申し付けください。

 

また他社様では追加されてしまうようなオプション料金も、不用品回収ルートでは「定額プラン」を用意しており、プラン内の中であれば追加料金はかからないため、クーラーボックスの他にも不用品をまとめて依頼していただければ、お得に回収致します。

まとめ

クーラーボックスを処分するには4通りの方法がありますが、それぞれ特徴が異なるので「なにを優先するべきか」を考えながら処分方法を選択しましょう。

 

自治体のゴミ処分では、安心してクーラーボックスを処分することができますが、手間がかかり、回収もその日のうちに処分することは難しいです。

 

面倒なく、その日のうちにクーラーボックスを含めた不用品を手放したい場合は、即日回収にも対応している「不用品回収ルート」にお任せください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top