不用品パンダ
粗大ごみ?可燃ごみ?水切りかごの処分方法についてご紹介

キッチン用品として非常に便利な水切りかご。ご家庭によって「大きくてたくさんのお皿が入るもの」「小さくて場所を取らないもの」など、ご自身の環境に合わせたものをお持ちだと思います。

 

それゆえに、大小さまざまな水切りかごは、ものによって何ごみとして捨てるかが異なります。

 

この記事では、水切りかごを捨てたい方向けに、処分方法について詳しく解説していきますね。

水切りかごの処分方法・ごみの種類

それでは、実際に水切りかごを処分する際、何ごみになるのか見ていきましょう。自治体によってルールが多少異なるので、この記事を参考にしつつ、お住まいの自治体のホームページなどでごみ分別の詳細をチェックしてみてください。

小さめの水切りかごの場合

東京都23区では、一辺が30cmを超えるものは粗大ごみであると定義しています。それに該当しない小さめの水切りかごであれば、可燃ごみや不燃ごみといった一般ごみとして処分することができます。

 

一人暮らしの方など、洗い物の量が多くないご家庭の水切りかごでしたら、当てはまる可能性がありますね。

 

では、お手持ちの水切りかごが大きい場合はどうすればよいのしょうか?

大き目の水切りかごの場合

一辺が30cmを超える水切りかごは、東京都23区の場合は粗大ごみ扱いになります。多くの水切りかごは一辺が30cmを超えているので、基本的に水切りかごは粗大ごみ扱いになると思って良いでしょう。

 

ただしこれはあくまでも東京都23区の場合。地方自治体などでは一辺50cm以上を粗大ごみとしている自治体もあるので、ホームページで確認したり、問い合わせを行うことが大切です。

水切りかごの素材による違い

もしお住まいの自治体で、お手持ちの水切りかごが一般ごみ扱いであった場合は、素材によって可燃ごみや不燃ごみ(もしくは金属ごみ)といった区分が変わります。

 

多くの水切りかごはステンレスなどの金属製ですので、不燃ごみや金属ごみになることが多いですが、よく確認してから処分するようにしましょう。

お住まいの自治体で粗大ごみとして捨てる場合

粗大ごみとして水切りかごを処分する場合ですが、以下の手順が一般的です。

 

  1. 自治体の粗大ごみ処理を行うセンターに申し込む
  2. 粗大ごみ処理券・シールを販売店(コンビニなど)で購入する
  3. 回収日までに、粗大ごみ処理券を水切りかごに貼って指定の収集場所に出しておく

 

自治体にもよりますが、この方法をとっている自治体が多く一般的です。少々手間はかかりますが、自治体に回収を任せられるので、安全に水切りかごの処分が可能ですね。

粗大ごみとして捨てるのが面倒なら「不用品回収」

先ほど記載したとおり、粗大ごみとして水切りかごを処分するのは慣れていないと手続きなどがあり少々手間がかかります。コンビニなど、粗大ごみ処理券を販売しているお店が近所になければ、尚更ですね。

 

そんなときには「不用品回収業者」に、すべて任せてしまうという手もあります。不用品回収業者は、水切りかごはもちろん、その他の不用品も回収品目として取り扱っており、家庭で出た様々な不用品を回収しています。

 

水切りかご一点でも回収は可能ですし、その他のものもまとめて捨てたい場合などにもおすすめしたい方法ですね。

まとめ

水切りかごを処分する方法をご紹介いたしました。

 

ごみとして処分したり、不用品回収業者を利用したり、様々ご紹介いたしました。ご自身にとって一番やりやすい方法で正しく処分するようにしてください。

page top