不用品パンダ
ダストボックス(ゴミ箱)はどう処分する?不用品回収がおすすめ?

キッチンなどで使えるダストボックス(ごみ箱)ですが、サイズが大きいものも多く、家庭ごみとしては回収してくれないことも多いです。

 

そこでこの記事では、ダストボックスの正しい処分方法についてご紹介いたします。粗大ごみとして出す以外にも、不用品回収業者にお願いするといった方法なども見ていきましょう。

ダストボックス(ゴミ箱)の処分方法

ダストボックスの処分方法は大きく分けて2つです。

 

  • 粗大ごみとして自治体に処分してもらう
  • 不用品回収業者に依頼して処分してもらう

 

ダストボックスはごみを入れるため汚れが目立っている場合が多く、誰かに譲ったり中古品として売る選択肢はあまり考えられません。処分するとしたら上で挙げた二種類の方法がオーソドックスです。。

 

それでは、それぞれの方法について細かく見ていきましょう。

粗大ごみとして処分

まず、粗大ごみとしてダストボックスを処分する方法です。こちらはお住まいの自治体のルールに沿って処分する流れになります。

 

各自治体によってルールが違いますが、東京23区では一辺の長さが30cmを超えるごみは粗大ごみとして扱うようです。自治体ごとに定義が異なるので、必ず確認するようにしましょう。

 

粗大ごみとして処分する場合は、まずお住まいの自治体の粗大ごみ受付を行うセンターへ問い合わせを行い、申し込みを行います。ここで、処分にかかる費用なども同時に教えてもらいましょう。

 

その後、費用分の粗大ごみ処理券を購入し、粗大ごみとして出すダストボックスに貼り付けます。粗大ごみ処理券は、コンビニなどで購入できます。(東京23区の場合)

 

最後に、ダストボックスを玄関先など指定の収集場所に出しておけば完了です。あとは収集日に自動的に回収してもらえます。

 

ただし、個人ではなく事業所などでダストボックスを捨てる場合は例外です。

 

事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理することが法律で定められています。したがって、事業者が出したごみは、自らの責任で法律に基づき廃棄物の処理をしなければなりません。
参考:千代田区役所

 

このように、事業所で出たごみは粗大ごみであっても回収してくれないので、処理施設に持ち込むか、許可業者に処理を任せる必要があります。

不用品回収業者に依頼して処分

もう一つの方法は、不用品回収業者に依頼してダストボックスを処分する方法です。こちらの方法は、粗大ごみとして処分するより費用が抑えられる可能性があるほか、粗大ごみ処理券を購入する必要がありません。

 

受付はWebや電話で行っている業者が多いです。この段階ですぐに申し込むわけではなく、まず費用の見積をお願いする形になります。

 

見積は無料で行ってくれる業者も多いので、この段階で費用に不満ががあればキャンセルもすぐに可能です。まずは見積を出してみて、ダストボックスを粗大ごみとして出す場合と比較してみるのも良いかもしれませんね。

ダストボックスの回収は不用品回収ルートにお任せください!

不用品回収業者について紹介いたしましたが、どの不用品回収業者を選べばいいかわからない方も多いと思います。

 

そこで今回は、「不用品回収ルート」のサービスをご紹介いたします。他の業者と比較して、品質の高いサービスが売りです。

①最速即日での回収が可能

不用品回収ルートは、対応や回収のスピードに自信があります。お住まいの地域によっては、最速で即日回収に伺わせていただきます。

 

前述の粗大ごみとして出した場合は、引き取ってくれるまで数日かかるのが一般的なので、スピードを求めているならお気軽にご相談ください。

②ダストボックス以外の不用品回収致します

不用品回収ルートは回収対象になっている品目が非常に多いです。ダストボックス以外にも大型の家具や家電はもちろん、衣類などの小さなものでも不用品として回収対応しております。詳しくは「回収可能な品目一覧」をチェックしてください。

 

ダストボックス以外にも不用なものがある場合はや、大量の不用品を処分したい場合には、お得な定額プランなども用意してありますので、是非ご利用してみてはいかがでしょうか。

③対応しているエリアが広い

不用品回収業者の多くは、関東圏にしか対応していなかったり、対応エリアが限られています。

 

しかし不用品回収ルートの場合は、九州地方や中国地方、関西地方などもカバーしており、幅広いエリアから不用品回収を依頼することができます。

 

お住まいの地域に対応している不用品回収業者が見つからない場合は、不用品回収ルートの対応エリアをチェックしてみてください。

まとめ

ダストボックスの処分が思ったより大変なことがお分かりいただけたと思いますが、手間を少しでも減らしたいのであれば不用品回収業者への依頼がおすすめです。

 

もちろん、自治体によっては粗大ごみとして出す方が安くつく可能性もあります。

 

一度不用品回収業者に問い合わせて見積を出してもらい、その後に粗大ごみとして出す場合の費用と比較するなど、工夫して処分してみましょう。

page top