不用品パンダ
電動歯ブラシの処分は注意が必要?小型家電リサイクル法に沿った処分方法とは

安価でお手頃なものから高性能なものまで、歯に対する意識が高い方に人気な電動歯ブラシ。より高性能なものを購入したい時や、現在使用している電動歯ブラシが寿命を迎えた際は、今まで使用してきた電動歯ブラシはどのように処分すべきなのでしょうか。

 

この記事では、電動歯ブラシの正しい処分方法について解説しています。ぜひ最後まで読んで参考にしていただけますと幸いです。

電動歯ブラシの処分(廃棄)方法

電動歯ブラシの本体・ACアダプタ・USBケーブルは、お住まいの自治体で不燃ゴミとして出すことが可能です。

 

ですが電動歯ブラシは、後述しますが「小型家電リサイクル法」の対象品目なので、自治体によっては「使用済み小型家電」として指定の方法での処分を義務または推奨されています。

 

回収方法は市区町村ごとに定められていますが、以下の4つの回収方法があります。

 

  1. ボックス回収:公共施設、家電量販店をはじめとした小売店等に回収ボックスを設置して回収
  2. ステーション回収:ゴミ回収場所で資源回収と合わせて回収
  3. イベント回収:イベント開催の期間に限定して回収
  4. ピックアップ回収:排出された不燃ゴミ等の中から清掃工場等で選別回収
    ※事業者が家電量販店・宅配便を利用して、独自に回収を行っているケースもあります。

 

※「小型家電リサイクル法」とは、対象となる家電製品の中に含まれる、鉄や金、レアアースなどの金属を回収して再利用することで、捨てることによる環境汚染を防止するために制定された法律です。

 

ご自身の自治体での処分方法が気になる方は、「自治体名(例:新宿区,大阪市) 小型家電リサイクル」でネット検索すると良いでしょう。

バッテリーの処分には注意が必要

バッテリーは発火や事故の恐れがあるので、購入したお店に持ち運ぶか家電量販店にあるリサイクルBOXにいれてください。電池式の場合は、電池を抜けばそのまま不燃ゴミ(自治体によっては可燃ゴミ)として処分可能です。

不用品回収で電動歯ブラシと一緒にまとめて断捨離も!

電動歯ブラシだけではなく、断捨離の一環で電動歯ブラシを処分するつもりの方は、不用品回収に依頼してみてはいかがでしょうか?

 

不用品回収業者なら以下のようなメリットがあり、特に不用品が多くある場合にはお得です。

 

  • 生ゴミ、液体類、食品類、土、ブロック、生木、砂、汚物など以外の、大量の不用品を同時にまとめて回収してもらえる
  • 回収作業はすべて業者が行ってくれるので、時間・労力・手間が全くかからない
  • 業者によっては最短即日。希望する日に処分できる

数ある不用品回収業者のなかでも、『不用品回収ルート』は業界最安値宣言をしており、他社より1円でも高い場合は料金相談ができます。また、最短でお問い合わせ頂いた即日に見積・回収に伺うことも可能となっていますので、どうしても今すぐに回収してもらいたいという方にバッチリだと思います。

 

ぜひ自宅に放置してある困った不用品たちを、『不用品回収ルート』にて回収依頼しみてはいかがでしょうか。お見積りは無料となっておりますのでお気軽にご相談ください。

まとめ

電動歯ブラシは小さいがゆえに簡単に処分出来そうですが、実はそうではないこともご紹介させていただきました。電動歯ブラシと一口に言っても様々なパーツに分かれており、それぞれのパーツごとに正しい処分方法があります。なるべく手間を掛けたくない場合に不用品回収業者に回収依頼をすることがお勧めです。

 

その他の方法で処分をお考えの場合には必ずご自身の自治体のルールを確認してください。分からないことがありましたら各自治体の「粗大ゴミ受付センター」に連絡することで詳しく教えてくれるのでお勧めです。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top