不用品パンダ
壊れた扇風機を安く捨てるには?扇風機のおすすめ処分方法4選

「扇風機って何ごみになるの?」「なるべく安く扇風機を捨てたい」など、この記事を読まれている方の中には扇風機の処分方法でお困りの方も多いかと思います。

 

本記事では、4つの扇風機の処分方法をご紹介いたします。費用や手間など、様々な側面で比較していきますので、これから扇風機を処分したい方は是非参考にしてみてください。

扇風機の処分方法4選

扇風機の処分方法は主に4つです。

 

  • 粗大ごみとして処分する
  • 家電量販店に引き取りを依頼する
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

 

どの方法にもメリット・デメリットがあるので、一つひとつ詳しく解説いたします。

粗大ごみとして処分する

まず1つ目の方法が、粗大ごみとして扇風機を処分する方法です。最もポピュラーな処分方法なので、真っ先にこれが思いつく方も多いかもしれません。

 

実際に粗大ごみとして処分する手順は、以下のようになります。

 

  • 自治体の粗大ごみ回収を行うセンターへ問い合わせを行う
  • 有料の粗大ごみ処理券をコンビニなどの販売店で購入する
  • 処分する扇風機に粗大ごみ処理券を貼り付け、必要事項を記入する
  • 敷地内の指定された場所に扇風機を配置し回収日まで待つ

 

粗大ごみとして処分する際のメリットは、自治体に任せることができるので、安全に処分することが可能な点です。反対にデメリットは、粗大ごみ処理券を自分で購入する手間がかかったり、回収まで時間がかかってしまうことがある点です。

 

自治体によっては粗大ごみとしての回収を行っていない場合もあるので注意しましょう!

家電量販店に引き取りを依頼する

もし新しい扇風機を家電量販店などで購入しようとしている場合は、現在使用している古い扇風機を引き取ってもらえる可能性があります。

 

この方法のメリットは、特に追加の費用などがかからず引き取りをお願いすることができる点です。反対にデメリットは、扇風機の買い替えを検討していない場合は料金がかかってしまったり、回収してもらえない可能性が高い点です。

 

指定の金額を超えないと引き取りをしてくれない家電量販店もあるので注意が必要でしょう。

リサイクルショップに買取してもらう

もしお手持ちの扇風機がまだ故障していない・綺麗な状態などの場合は、リサイクルショップに買取依頼をすることで売却できる可能性があります。

 

この方法のメリットは、処分費用がかからないかつ買取金額をもらえる可能性がある点です。反対にデメリットは、買取可能な状態の扇風機でないとこの方法が使えなかったり、出張買取を行っていないリサイクルショップの場合自分で運搬する必要がある点です。

不用品回収業者に依頼する

最後にご紹介するのは、不用品回収業者に扇風機の回収を依頼する方法です。不用品回収業者は、扇風機などの家電やその他家具など様々なものを引き取ってくれる業者です。最近ではWebから申し込み可能な業者も非常に多いですね。

 

この方法のメリットは、回収スピードの早さや費用面を他の方法に比べ抑えることができる可能性がある点です。また、いくつかの不用品がある場合、まとめて回収してもらうことでさらにお得になる可能性があります。

 

反対にデメリットは、業者選びに気を付けないと高額な請求をしてくる業者に当たってしまう可能性がある点です。

 

業者選びに注意すれば、非常にお得な方法と言えます。Web上での評判などを調べながら、お得に扇風機やその他不用品を回収できる業者を選ぶようにしましょう。

 

弊社の「不用品回収ルート」では、最短即日回収・業界最安値宣言などコストやスピードに特化したサービスを提供しております。Webでのお見積りやお問い合わせを承っておりますので、是非ご検討ください。

まとめ

様々な扇風機の処分方法をご紹介いたしました。それぞれのメリット・デメリットを比較して、ご自身にとってベストな方法で扇風機を処分することをおすすめいたします。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top