不用品パンダ
粗大ごみ処分がおすすめ?アイロン台の正しい捨て方について簡単紹介

衣類スチーマーの登場でアイロンを使わないで服のシワを伸ばせるようになった今では、使わなくなったアイロン台が家の押入れの中で放置されているかもしれません。

 

いざ処分しようと思ってもゴミの分類がわからなく、結局後回しにしてそのまま押入れの中で眠ったままになってしまうことも。

 

ここではアイロン台の正しい4つの処分方法と不用品回収を利用することのメリットについて解説します。

使わなくなったアイロン台の捨て方4つ

アイロン台の処分はそれぞれの方法により、ルールやメリットが異なるので注意が必要です。

不燃ゴミとして廃棄処分する

アイロン台の一辺の長さが粗大ゴミのサイズ以下のものは、不燃ゴミとして処分することができます。粗大ゴミのサイズ規定は30㎝や50㎝など住んでいる自治体によって異なるので、間違って出してしまわないようきちんと自治体のホームページからお手持ちのアイロン台が不燃ごみに当てはまるか確認しましょう。

 

またアイロン台の「布」と「金属部分」を分けることで、それぞれ「布」は可燃ゴミ、「金属部分」は不燃ゴミとしてとして処分できます。

粗大ゴミとして廃棄処分する

粗大ゴミとして処分する手順は以下の通りです。

 

  1. 各自治体の「粗大ゴミ受付センター」に問い合わせて収集依頼をする。
  2. 近所のスーパー・コンビニ・郵便局などで「粗大ゴミ処理券」を購入し、アイロン台に貼り付ける
  3. 収集日までに指定の場所に持ち込み置いておく。

 

ほとんどのアイロン台は女性でも1人で運べるので、粗大ゴミとして処分する方法がもっとも一般的です。

 

費用・処分方法は各自治体によって異なりますので、事前の確認が必須になります。また「粗大ゴミ持ち込みセンター」に直接持ち込むことで、収集日を待たずアイロン台を処分することができます。持ち込みの際は、住所が確認できる身分確認書が必要になる場合がありますので忘れないようにしましょう。

ネットオークションやフリマに出品する

少しでもお得に、少しでも収入を得たい方はネットオークションやフリマに売ることで処分する方法もあります。

 

スチーマーが普及している現在でも、安くアイロン台を手に入れたいと考えている方がたくさんいますので、タダで処分することに抵抗を感じる方にオススメの処分方法です。

 

注意点としてはアイロン台を安く設定してしまうと売れても別途梱包や発送費用に料金がかかりますので、あまり収入を得られないどころかむしろマイナスになってしまうことがあるので、注意が必要です。

不用品回収業者を利用して回収してもらう

アイロン台を不用品として不用品回収業者に回収してもらう方法もあります。不用品回収はその他の方法と比べ費用がかかってしいますが、「処分のスピード」と「手軽さの簡単さ」は他の処分方法よりも優れています。

 

アイロン台と一緒にアイロンを処分したい方も、まとめて回収することが可能なので、手続きや持ち運びなどの手間を考えたくない人にはオススメの処分方法です。

不用品回収ルートを使うメリット

不用品回収業者にメリットはたくさんありますが、ここではアイロン台を回収する上で嬉しい「不用品回収ルート」ならではのメリットについて紹介していきます。

アイロン台以外のものもまとめて回収可能

アイロン台以外に不要となった家具や家電はありませんか?

 

不用品回収ルートでは使わなくなったアイロン台だけでなく、塗装が剥げてしまったテーブルや奥まった場所に設置してあるタンス、壊れてしまった大型の冷蔵庫などの不用品も回収しております。

 

アイロン台を処分する機会にもう一度家の中を見回して、不用なものがないか確認してみましょう。もちろんアイロン台1品からでも回収を受け付けておりますので気兼ねなくご依頼ください。

その日のうちに回収することが可能

不用品回収ルートでは対応エリアごとにトラックを配備していますので、最短でその日のうちにアイロン台を回収いたします。

 

粗大ゴミでは収集日まで、フリマなどは売れるまでに時間がかかりますが、不用品回収ルートでは即日回収も対応しておりますので、その日のうちにお部屋をスッキリさせることができます。とにかく早くアイロン台を早く回収してもらいたい方には嬉しいメリットです。

 

まずは無料お見積もりから気軽にご相談ください。お見積もり方法はWEB・電話・ラインから受け付けております。

アイロン本体の処分方法は?

「アイロン台」の処分方法を説明しましたが、「アイロン」本体は粗大ゴミとして処分しません。

 

アイロンは「小型の家電製品」に分類されるので、「資源ゴミ」として処分することになります。ただし、アイロンも自治体によってなど処分方法が異なってくるので、ゴミの分別のルールをきちんと確認しましょう。

 

また「小型家電リサイクル法」に従って、不要になった小型の家電を資源として再利用することも可能ですので、環境に優しく処分することができます。

まとめ

アイロン台を処分する方法は、粗大ゴミとして処分する方法が最も一般的です。アイロン台以外にもまとめて処分したいものがある場合は、不用品回収を利用することで手軽にお部屋をスッキリさせることができます。

 

回収業者のなかでも「不用品回収ルート」なら嬉しいメリットがたくさんあります。お見積もり・出張費用は無料となっていますのでお気軽にご相談ください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top