シェーバーの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
電気シェーバー(髭剃り)の処分方法を分かり易く解説!

寿命を迎えた等により使用できなくなった電気シェーバー(髭剃り)の処分は、実は厄介かもしれません。この記事では電気シェーバー(髭剃り)の適切な性分方法をご紹介していきますので、適切に処分するためにも、この記事を参考にしてください。

 

また、電気シェーバー以外にも処分したい家具や電化製品、衣類などがある人は、後半にてお得に処分できる方法を解説しているので、そちらも合わせて参考にしてください。

電気シェーバー(髭剃り)をそのまま処分するのは危険!

電気シェーバーほどのサイズでは、基本的にどの自治体でも「不燃ゴミ」として処分することができます。しかし、自治体によっては粗大ゴミとして回収することもあるので、必ずご自身が住む自治体の「粗大ゴミ受付センター」のサイトまたは電話で問い合わせてご確認ください。

 

また、不燃ゴミとして電気シェーバーを処分する際に、注意すべき点があります。電気シェーバーには、リチウムイオン電池やニッケル水素電池などが使用されているので、そのままゴミに出すと発火の危険性があり、一歩間違えると大事故に繋がることも。

 

これらの電池は、以下の方法で必ず処分するようにしましょう。

 

  • 家電量販店のリサイクルボックスに出す
  • 携帯キャリア店舗で回収してもらう

小型家電リサイクル法の対象品目

電気シェーバーは、「小型家電リサイクル法」の対象品目です。この「小型家電リサイクル法」とは、対象となる家電製品の中に含まれる、鉄や金、レアアースなどの金属を回収して再利用することで、捨てることによる環境汚染を防止するために制定された法律です。

 

回収方法は市区町村ごとに定められていますが、以下の4つの回収方法があります。

 

  1. ボックス回収:公共施設、家電量販店をはじめとした小売店等に回収ボックスを設置して回収
  2. ステーション回収:ゴミ回収場所で資源回収と合わせて回収
  3. イベント回収:イベント開催の期間に限定して回収
  4. ピックアップ回収:排出された不燃ゴミ等の中から清掃工場等で選別回収

 

義務だけではなく、「できる限り」としている自治体が多いので、ご自身の自治体の小型家電リサイクル法の回収方法を確認してください。

不用品回収なら電気シェーバー(髭剃り)と同時に不要な物を一括処分可能

電気シェーバーだけで不用品回収というのは大袈裟に感じますが、電気シェーバー以外にも不用品(家具,電化製品,衣類等)がある場合は、一括回収してもらえるのでオススメです。

 

不用品回収なら処分方法を一つひとつ調べる必要もありません。また粗大ゴミの場合、回収センターに申し込み・粗大ゴミ回収券の購入・収集場所までの搬送が必要で、申し込みから処分するまで最低1週間かかります。しかし、不用品回収ならこれらの手間もなく不用品回収業者に任せることが出来るのです。

費用をもっとも抑えるなら『不用品回収ルート』

『不用品回収ルート』なら業界最安値宣言をしており、他社より1円でも高い場合は料金相談ができます。数ある不用品回収業者の中で最もお安く回収依頼が出来るので、費用の節約が可能です。

 

また通常不用品回収業者では、以下の項目が別途オプションとして料金が発生します。

 

  • 搬出作業費
  • 階段料金
  • スタッフ追加料金
  • 車両費
  • エアコン取り外し料金
  • 出張費
  • 梱包作業費
  • 分別作業費

 

『不用品回収ルート』なら上記がすべて料金プランに含まれています。詳しい料金プランはこちらからご確認ください☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

無料見積もりができるので、不用品がたくさんある方はぜひご利用ください♪

まとめ

電気シェーバーは基本不燃ゴミで処分することが出来ます。しかし、必ず中の電池の取り扱いには気をつけてください。
電気シェーバー以外にもソファ自転車などの日用品や冷蔵庫洗濯機などの生活家電類などの不用品も同時に依頼頂くことが出来ます。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top