不用品パンダ
意外と簡単!不用になったハンガーラックのオススメ処分方法をご紹介

ハンガーラックの処分ですが、想像以上に簡単にできます。

 

5分ほどで読めるようになっているので、ぜひこの記事を参考にハンガーラックを楽に処分しましょう!

ハンガーラックの処分は粗大ゴミとして出すのが一般的

一般的にハンガーラックは自治体に粗大ゴミとして出します。家具によっては分解して、1辺30cm以下(※自治体によって異なる)になれば家庭ゴミとして出せますが、ハンガーラックは分解しても1辺30cm以上を超える部品もありますので、粗大ゴミ以外で出すことは難しいです。

処分手順

パイプの分解が可能なハンガーラックは、簡単に分解できるのであらかじめ分解しておきましょう。分解しないと、集合住宅の上階に住む方は収集場所まで運ぶのが大変です。

 

分解し終わったら、下記手順で自治体に回収の申し込みをしましょう。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、ハンガーラックに貼り付け指定された収集日に収集場所に出して完了

 

処分費用(ゴミ処理券)は、400円前後が一般的です。

ハンガーラック以外にも不用品があるなら不用品回収の利用がお勧め

先ほどもご紹介した通りハンガーラックは自治体に粗大ゴミとして出す方法が一般的です。しかし、ハンガーラック以外にも、例えばベッドやテーブルなどの家具、テレビやエアコンなどの家電製品、また不要となった衣類や靴などがある場合、不用品回収業者を利用するのがお勧めです。

 

不用品回収は、生ゴミ、液体類、食品類、土、ブロック、生木、砂、汚物など以外はどんなものでも回収可能です。また業者によっては、処分物が多ければ多いほど料金プランが割安になります。

 

たしかにハンガーラックのみなら不用品回収はもったいないと感じますが、その他にも不用品が有る場合ならぜひ不用品回収を利用しましょう!

『不用品回収ルート』なら業界最安値!

『不用品回収ルート』なら、業界最安値宣言をしており、最安値で不用品回収を利用することができます。

 

また、業者の中には料金プラン以外にも、オプション下記のようなオプションが発生することがあります。

 

  • 搬出作業
  • 階段料金
  • スタッフ追加料金
  • 車両費
  • エアコン取り外し料金
  • 出張費
  • 梱包作業費
  • 分別作業費

『不用品回収ルート』は上記のオプション料金は全て用意されている料金プランに全て含まれています。

 

詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

また、先ほど紹介した自治体に粗大ゴミとして出す場合、決められた日にしか出せません。『不用品回収ルート』なら、希望する日に捨てることができ、条件が揃えば一時間後には回収可能です。

 

無料で見積もりもできるので、気軽に相談してみましょう。

まとめ

ハンガーラックは粗大ゴミの中でも、簡単に分解でき、収集場所まで簡単に運べます。費用も安く済むことがわかりましたね。

 

もし、引越しや衣替え、大掃除等で処分物が他にもあるなら、ぜひその際は『不用品回収ルート』にご相談ください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top