不用品パンダ
3分で分かる!ベッド用敷きパッドの処分方法3選

この記事では、ベッド用敷きパッドの処分方法について3つの方法をご紹介いたします。

 

処分方法のポイントとしてはお得に得処分したいか、費用を出来るだけかけずに処分したいか、それとも手間がかからず簡単に処分したいのかで選ぶべき処分方法は変わります。

 

それでは早速処分方法について解説していきます。

 

ぜひご自分に合った方法で、不用になったベッド用敷きパッドを処分してください♪

ベッド用敷きパッドの3つの処分方法

不用になったベッド用敷きパッドの処分方法は以下の3つ。

 

  1. リサイクルショップで買取依頼をする
  2. 各自治体に粗大ゴミor可燃ゴミとして出す
  3. 不用品回収業者に回収してもらう

 

それぞれの特徴や費用感をみていきましょう。

リサイクルショップで買取依頼をする

リサイクルショップで買取してもらうことで、処分費用はかからずむしろプラスになります。

 

しかし、ほとんどの方にとってこの方法は現実的な手段とは言えないでしょう。

 

理由としては、使用済みの敷きパッドには買取需要が無く、新品・未使用の敷きパッドのみの買取しか対応していないお店が多いからです。

 

また、リサイクルショップの中には自宅まで取りに来てくれるお店も中にはあるかも知れませんが、ほとんどのリサイクルショップでは持ち込みが基本となり、持ち運ぶ手間が掛かるのもマイナスポイントです。

各自治体に粗大ゴミor可燃ゴミとして出す

有料の粗大ゴミ処理券を購入し粗大ごみとして捨てる方法と、敷きパッドを細かく裁断して可燃ゴミとして無料で捨てる方法があります。それぞれの手順・方法を解説します。

【粗大ゴミとして捨てる場合】

手順①:住んでいる地域の「粗大ゴミ受付センター」へ電話またはインターネット申し込みをします。その際、「処分物を排出する人の情報」「処分品の情報」「処分品の数」などを伝えます。※自治体によってルールは違うので要確認
手順②:粗大ゴミ処分券の値段が伝えられるので、自治体指定の「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニや薬局、スーパー等)」で粗大ゴミ処理券を購入します。費用は枚数によって変わりますが1枚200円~300円ほどです。
手順③:指定された日に指定の収集場所に出して完了です。※当日の何時に収集されるか確認しましょう。朝8時頃が一般的です。

【可燃ゴミとして捨てる場合】

手順①:裁ちバサミ等を用意して、1辺30cm未満になるように細かく裁断します。
手順②:可燃ゴミの収集日に可燃ゴミとして出して完了。
注意:1辺30cm以上になると可燃ゴミとして出せません。裁断する場合は必ず30cm未満になるように細かくしましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

自治体指定の方法で処分すると、確かに費用を抑えることが出来ますが、手間がかなりかかります。自治体ではゴミの収集日は決まっているため、指定の日まで処分することができません。

 

なるべく早く処分したい方や時間が取れない方、手間を余りかけたくない方やベッド用敷きパッド以外にも処分したい家具や電化製品、衣類、小物等がある方は不用品回収業者に依頼するのがお勧めですが不用品回収にもメリットとデメリットがあります。

 

    不用品回収のメリット
  • 分解・分別作業の必要がない
  • 回収業者の方が自宅まで取りに来てくれる
  • 依頼した即日で対応・希望の日時に処分できる
  • 一部のゴミ(生ゴミ・食品・液体物等)を除き、処分に困っていた物を一括処分できる
    不用品回収のデメリット
  • ある程度の費用がかかる
  • 信頼できる業者を選ぶ必要がある

自治体に依頼するよりも費用は掛かってしまいますが、自分が希望した日時に自宅まで取りに来てくれるので、手間を省けるのが1番のメリットとなっております。

ベッド用敷きパッドの不用品回収なら『不用品回収ルート』

先ほど「不用品回収のデメリット」でお伝えしましたが、不用品回収業者の中には「会社名や住所が不明」「請求額がどんぶり勘定」などの怪しい業者が存在します。

 

怪しい業者や「無料回収」と謳った業者を利用すると、あとから料金を請求してきたり、思わぬトラブルに発展しかねませんので注意が必要です。

 

不用品回収ルート』は創業17年以上、年間回収件数20,000件と確かな実績と信頼がありま、以下のような強みを持っています。

業界最安値でベッド用敷きパッドを回収致します

『不用品回収ルート』では、業界最安値宣言をしておりまして、お見積りさせていただいた費用から追加料金はかかりません。
また、階段料金やスタッフ追加料金、出張費等のオプションがコミコミのお得な定額プランも用意しております!

 

詳しい料金プランについては、「不用品回収ルートの料金プラン」をご確認ください。

最短で1時間後にはお見積り・回収に伺います

『不用品回収ルート』では、対応エリア内に多数のトラックを配備しております。そのため、エリアや交通状況によって多少時間は前後致しますが、最短で一時間後に回収のお見積もり・回収対応することができます。
※予約で埋まってる可能性があります。事前にご連絡ください。

 

お電話での無料見積もりが対応しておりますのでお気軽にご相談ください。
その他のサービスについてはこちらからご確認することが出来ます。☞不用品回収ルートの詳細はこちら

まとめ

ベッド用敷きパッドの処分方法を3つ程ご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか!
それぞれおさらいしますと…

 

お得に処分したい場合にはリサイクルショップにて買い取り依頼をすることでお金になりますが、敷きパッドはほとんどの場合で買い取り拒否されてしまいます。
費用を安く済ませたい場合には各自治体にて粗大ゴミとして回収依頼をするか、30cm未満まで裁断して可燃ゴミとして出すことで無料で処分することが出来ますが、回収日が決まっているため、回収までに時間が掛かってしまううえ、依頼に多くの手間がかかってしまう。
手間をかけずになるべく早めに処分したい場合には不用品回収業者を利用するのがお勧めですが他の2つに比べて費用が掛かってしまう。

 

それぞれにメリット・デメリットはありますが、どの処分方法がご利用者様にとって一番合っているかの参考になれば幸いです。

page top