不用品パンダ
【品目別】オフィス家具の処分方法まとめ!粗大ごみではNG?

オフィスの移転時などに、不用なオフィス家具などを処分したいケースは非常に多いと思います。しかし、オフィス家具は家庭で出るごみと同じ方法では処分ができません。

 

本記事では、正しいオフィス家具の処分方法を、品目別にご紹介します。是非ご参考になさってください。

オフィス家具を処分する際の注意

オフィス家具を粗大ごみとして処分しようとしている方は注意が必要です。オフィスで出たごみは、産業廃棄物といった扱いになり、粗大ごみとして処分することはできません。

 

デスクや事務椅子、ロッカーなどはすべて産業廃棄物扱いとなります。

 

粗大ごみとしての処分はできないため、ご自身で処理場に持ち込むか、不用品回収業者などを利用する必要があるので注意しましょう。

品目別処分方法

ここからは、品目別にオフィス家具の処分方法をご紹介いたします。

デスク

オフィスで使わなくなったデスクは、産業廃棄物収集運搬許可を受けた専門業者に依頼する、または不用品回収業者への依頼がおすすめです。自ら処理施設に持ち運ぶ方法もございますが、手間を考えると現実的ではありません。

 

まだ使えそうなデスクなら、リサイクルショップで買取をしてもらう方法などもございますね。ご自身にあった方法で処分するようにしましょう。

 

【関連記事】不用になったデスクの処分方法について

オフィスチェア

オフィスチェアもデスクと同様に、専門業者に依頼する方法や不用品回収業者への依頼が可能です。こちらも家具専門買取業者やリサイクルショップに買取してもらう方法もございます。

 

【関連記事】オフィスチェアの処分方法と費用について

デスクワゴン

デスクワゴンも同様に、専門業者への依頼か不用品回収業者へ依頼するのがベターです。

 

また壊れていないデスクワゴン・サイドワゴンは、起業したてのスタートアップ企業や、事務所を新設した会社からニーズがあります。こういったデスクワゴンは買取に出すのもいいかもしれませんね。

 

【関連記事】デスクワゴン・サイドワゴンの処分について

ロッカー

ロッカーも先ほどまでの品目同様に、専門業者への依頼や不用品回収業者への依頼が可能です。

 

ロッカーの場合は、リサイクルショップなどで買取を拒否される可能性が高く、買取という選択肢は考えなくても良いかもしれません。

 

【関連記事】ロッカーの処分手順について

パーテーション

パーテーションもロッカーと同様に、買取といった選択肢は考えなくてよいでしょう。

 

専門業者への依頼や不用品回収業者への依頼がマストになってきます。処分費用を抑えたいのであれば、不用品回収業者の利用がおすすめですね。

 

【関連記事】パーテーションの撤去処分の費用を抑えるなら不用品回収

金庫

金庫は処理困難物であり、家庭から排出されるものは粗大ごみとしての処分ができません。事業所から出た金庫は、産業廃棄物として専門業者に引き取ってもらえます。

 

一番楽なのは不用品回収業者への依頼です。費用も抑えることができますので、こちらの方がおすすめの方法ですね。

 

【内部リンク】金庫の処分方法について

ホワイトボード

個人・家庭で排出されるホワイトボードは粗大ごみとして処分が可能ですが、事業所で処分したいホワイトボードは不用品回収業者への依頼がおすすめです。

 

もちろん他の品目同様に、専門業者への依頼も可能ですが、費用を抑えたければ不用品回収業者に依頼するようにしましょう。

 

【関連記事】ホワイトボードの正しい処分方法について

会議用テーブル

会議用テーブルも、専門業者の依頼、または自ら処理施設に持ち運ぶか、不用品回収業者に依頼して回収してもらう方法で処分可能です。他の品目同様に、不用品回収業者なら費用を抑えられるので非常におすすめです。

 

【関連記事】会議用テーブルの処分について

ハイカウンター

ハイカウンターの処分方法も3つ。専門業者の依頼、自ら処理施設に持ち運ぶ、不用品回収業者に依頼して回収してもらうの3通りですね。こちらも不用品回収業者への依頼がベターでしょう。

 

【関連記事】ハイカウンターの処分方法について

不用品回収業者選びに迷ったら「不用品回収ルート」へ

ここまで、様々なオフィス家具の処分方法をご紹介しましたが、どの品目を処分するとしても不用品回収業者の利用がおすすめです。多くのオフィス家具を捨てたい場合は、費用がさらに抑えられる可能性があるので尚更おすすめです。

 

「不用品回収業者」と検索すると、多くの業者がヒットしますので、どのような業者を選べばいいか迷ってしまう方も多いかと思います。

 

弊社の「不用品回収ルート」では、事業所から出るオフィス家具の回収を行っております。不用品回収ルートの特長は以下の通りです。

 

  • 最短で即日回収が可能
  • 他社様より1円でも回収費用が高い場合は料金相談が可能
  • トラックを多数配備しているため回収エリアが広い

 

他社様と比べて早く・安く回収することに長けております。お見積り・ご相談はWEBや電話で無料で受け付けております。

まとめ

オフィス家具の処分方法をまとめてご紹介いたしました。どのオフィス家具も、事業所で出たものは品目にかかわらず産業廃棄物となるため、簡単には処分できません。

 

不用品回収ルートなら、多くのオフィス家具をまとめて回収することが可能です。点数が多ければ多いほどお得になる定額プランもございますので、お気軽にご相談ください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top